泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 思い出したくもない…
2018-10-05 (Fri) 08:49

思い出したくもない…

…事を思い出させるのが夢。

夢の中で、大昔の事がたまに出て来て、
それが、すごく「不愉快」で1日の気分が
台無しだったりして…。

たかが夢。
されど夢。

間違いなく、遥か遠い記憶が頭のどこかに
眠っているってこと…。
もう何十年も経ってるのに…。

今更、昔のことなんて、どうも出来ないのに。
今朝もそんな調子で、ちょっと気分が
良くない有様です。

そういう時は、問答無用で父の部屋に入り、
ずっしり、むにむにっとしている蘭丸のおちりを
うにうにうに~っと撫で回し。
(日本語へん)
らんちー、思いっきり迷惑顔。
父も参戦して「可哀想だろう」と…
蘭丸を気遣う気持ちがあるなら、娘にもしてくれたって…
まったくない模様です。

いや、今朝見た夢が学校の制服を着ている自分で、
自分は、そもそも「学校」というものが嫌い。
未だに、地域運動会で、小学校に行くのも、
苦痛で超不愉快なんです。
…なのに~、怪我が治った途端、強制参加ですよ。
それのせいで、嫌な夢を見たのだろうと
思いますけど、テンションが上がらないったら。
おまけに、1時間の寝坊…さらに最低です。

今、自分で自分のテンション…
どうやったら上がるのかな~と、やっぱり
片付けですね、ぽいぽいぽいっと~。

最初は、気持ちが上がらなくとも、
やってるうちに上がるでしょうから。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント