泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 嫌なものは、いや。
2018-10-27 (Sat) 15:09

嫌なものは、いや。

そりゃそうだわ…誰だって。

自分もそうだもの。
自治会の役員なんてものも嫌い。
だけど、ここに住んでいる限り、
やっていかなきゃなんない。

ここで「嫌なものは嫌!!」なんて
いうものなら、大変ですよ。

…って、いえ、自分のことではなく、
父の事です。

先週、通院日だったのですが、
以前のお医者さんにも、今のお医者さんにも、

「ディへ行ってみませんか?」
「娘さんとの会話とか、そんなにされないでしょう、
 たくさんの方と触れあった方がいいのですよ」

自分(娘が何をどう話かけたところで、全くと
 返事しないときはどうすれば? って聞きたかったです)

何度も薦められたけれど、父は、速攻で

「嫌です」

そうでしょうねぇ。

父は、自らディ行きたい!!タイプではなく、
他所様の世話になるのが嫌なのです。

それはいいんですよ、それは…。

問題は、この後…!!
先生の仰られることはごもっともですが、
お願いですから~、後が大変なんです!!

帰って来てから、父の機嫌が悪いったら。
部屋の空気がピリピリピリ。

「おまえがそう仕向けているんだろ?」
「そんなに追い出したのか!」
「俺の家だぞ!
 どう過ごそうが勝手だ!!」

はいはい…わかってますとも。
そんなに怒らなくっても、血圧上がるよ。

そんな時は、蘭丸出動。
こんな父も、蘭丸には、優しいわけで、
ほ~ら、なでなでしていたら、
気持ちも落ち着いたみたいです。

ごめんね~、ありがとう、らんちー!

自分は、今更、もう父が何をどうしようと、
どう過ごそうが、そんなことはどうでも
いいこと、もう慣れちゃいましたから。

自分は、こうしろ、ああしろだの、
言ったことはないわけで、それに、
父に怒鳴ったことも、怒ったこともない、

自分は、決して従順なわけじゃないけど、
相手は、80過ぎた高齢者…。

年配の方と接することが多くなって、
思ったことがあるのです。

お年寄りは、我慢や辛抱することが
多い方もいらっしゃって、そして、
身体が弱っていくように、心も
こっちが思っている以上に

「傷つきやすい」

ってことです。

子供に怒鳴られる、怒られたり…、
それが一番傷つくことがわかったから。

病院で、年を重ねられた親御さんを
怒鳴っている、いい年をしたお子さんを
見かけますか、親御さんの顔を見た時、
公共の場で、そんなにキツく言わなくても…って
内心思うときがあるのです。

何も知らないおまえに言われたくはない!

…と言われそうですが、公共の場で怒鳴るなんて。

自分は、そんな光景に出くわすと、
嫌な気持ちになります、どうしてか…、

大昔、自分に全くと非がないのに、
怒鳴られ、怒られ、
大勢の人の目に晒されたことがあるから。
子供の時って、視野が狭いから、凄く傷ついて
今でも、虎と馬になっているのです。

父には、心配も、気がかりも、心の負担に
なることだけは一切、耳に入れたくないし、
自分もしないし、絶対にやらない。

父が嫌なことは、嫌でいいと思ってる。
たとえ、自分が対象だったとしても。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント