泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 「助けて!お母さんっ!!」
2018-12-20 (Thu) 08:00

「助けて!お母さんっ!!」

洒落になりません。

おはようございます。

夢見が悪く、午前三時過ぎから
起きています。

その夢なんですが、自分が死んだり、
ナイフで刺されることなんて、
しょっちゅう見てたのですが、
それは、今の今までに一度も
見たことがなかったのです。

自分は、夢の中でも、父の部屋で、
らんちーの傍で寝ていました。
そしたら、いきなり、真後ろから
紐で、首を絞められ、ズルズルと壁まで
身体を引きずられ、壁の張り付いて、
冷たさがリアル。

後ろは、壁ですから、壁の中から、
紐が出て来たってこと…?って、
苦しい中、冷静に考えてる自分…。

さらに、ぐぐぐーーっと首が締まり、

「助けて!お母さんっ!!」

声にならない声をあげる自分。

もうダメ…って意識が朦朧として来た時、
むこうからお母さんが近づいて来たけれど、
助けてもらう前に、自分が

「負けないんだから、自分はひとりなの!!」

紐に手をかけて、引きちぎったところで、
なんか、もこもことした感触が顔に当たり
あ…この匂い、柔らかい毛…うんうん…。

目がさめたら、らんちーのおちりの冬毛が
ケージから出て、おでこに当たってました。

…にしても、助けを求める相手が、
傍にいる父ではなく、母とは…。
父は、身体が不自由なんだということを
夢の中に自覚していたんたと…。

やれやれ、自分が弱っているのか…
誰かに助けてもらいたのか…

だからと言って、
とっくに他界した母に助けを求めるなんて。

自分の不甲斐なさを感じました。

首を絞められた夢を見たのも、
自分の力不足ときっと自分で自分の首を
絞めているところがあるのだと…。

目がさめてからも、首にまだ紐がかかってる
感じかして、あの苦しさ、未だにリアルに
残っています。

そんなこんなの朝…勘弁して下さい…。

ひとつだけ…
母の顔は、くっきりと見えなかったのが
救いですね…。
だって、今更、思い出したくないですし。
思い出すこともないので、見えなくて結構。

あうー、こんな朝は、
らんちーのおちりなでなで攻撃~~ですよ。
癒されまくり…
らんちーのぶちゃいく迷惑顔…いい!!

首を絞められる夢って、悪い夢ですから、
ぱぱぱぱーーっと話しちゃう!

お付き合いして下さり、
ありがとうございました。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント