泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 介護あるある話は…
2019-01-17 (Thu) 10:29

介護あるある話は…

介護をなさっている、携わっておられる方との話で、
うんうんと頷けることがたくさんあるけれど、
介護の「か」あるいは、
全くと携わってない方との話には、
いくら「鼻息」を荒くして、
どんなに、介護のことを話されても
(そもそも見聞きで話すなっていうの…)
何も思いませんから。

在宅介護って、外からでは
家の中が見えないことも多く、
心無い言葉も容赦なく聞きます。

当人は、悪気で言っておらるとは
思わないのですけど…。

知り合いにも、会いたくないって
ひとりやふたりいらっしゃる人もいるかと…。

自治会の役員していると、否応なく
たくさんの方と会うことになり、
つまらない話をいろいろとお聞きします。
ついでに、自分の事も。

自分が無職な訳を話したら、アッサリと

「介護していても、
 お勤めなさっている人は多いわよ、
 アンタは、甘えてるだけだわ」

そんなこと、こっちはわかっているわけで、
だけど、介護もしていない方に
言われる筋もなし、自分の何がわかる?

さらに、必ず「我が子」とこっち比べられ、
うちのコは、最高なのよ…と自慢話。

あーはいはい。

せいぜい、娘さんに介護をさせないよう
お元気で過ごして下さいませ。
こういう人って、案外、モロいんだよね。
ご自慢の娘さんが、「あなた」を施設に入れると
言ったなら、ギャーギャー騒ぐタイプ…、
じゃないかと…。

一時、自分もお勤めを考えんですよ、
夕方からのパチンコのフロアー係とか、
ビル清掃とか…、自分は、休む間もない
状態になるのを覚悟をして…。

今の自分には、無理。
10年前、始めた介護と
今の父の介護では、違っていまして、
遥かに手がかかっていますし、
目が放せられなくなっています。

真夜中は、1時間ごとに起こされるし、
日中は日中で、呼び出しコールはあるし、
20時間以上、フルでやっている自分に、
お勤めをなさったら? か…。

わっははははは。
(別に壊れたわけじゃないです)

かなり神経がスレているかも、
ここのところ…。

なにかでリフレッシュしないと…。

さてさて、毎日の洗濯~、始めますか。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント