泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 叶わぬ夢の残物
2019-02-02 (Sat) 22:52

叶わぬ夢の残物

断捨離をしていて、とっくに処分していたと
思っていた繰り越した通帳が二冊出てきました。
自分でもびっくり。

かなり以前のもので、通帳の数字を見てて、
二度と叶わぬ夢なのだという、現実に、
ちょっとショックを受けていました。

この通帳は、叶えたい夢のひとつの目標が
詰まっていました。
しかし、面白い事に、ある程度の資金が
貯まった途端、他人のくだらないことで
纏めて出て行ってしまって、それでも
もう一度、もう一度と…頑張ったのですが、
さすがに四度目で、もう諦めました。
何のために、せっせと頑張ったのか…。

他人の尻拭いの為?
その尻ぬぐいした相手は、年に
何回も旅行へ行き、その自慢だけして、
お土産一つ持ってこないという…、
さらに、末っ子の資金を使って、
好き放題に買い物…。

通帳を見ていて、さまざまな思いが
駆け巡ってしまい、泣けてきそうでした。

なんで、これを残していたのか、
ただ単に、処分し忘れていたのか…、
もう見るのも嫌で、とっとと
シュレッダー行き。

二度と叶わぬ夢のあと…、
介護の為だけに生きていく自分。

自分が何かしたいがための預金は
今後、一切しないし、父の為だけに
お金を残していきます。

えっ、
その通帳の夢は何だったかといいますと…

自分は、いつか台湾を列車でぐるっと一周を
するの夢でした。(叶うことがないので過去形)
それに、布地の宝庫で、しかも、お安くて、
それらを買いあさって、思った通りの、
好き勝手に服を作ってみたかったのです。

大好きなお馬さんの県の温泉にも行けないのに~、
海外って笑わせるでしょ?

今年は、もっと自分の時間がなくなるのは、
わかっています。
今ですら、寝る時間も自由がきかないですもの。
それに、自分のお金なんて、全くありませんから。

介護がどうのと言うつもりはないんです。
父が、毎日、憂いなく過ごせれば、
それで十分です。

繰り越しした通帳なんて残して
おくものじゃないですね、ロクな事を
思い出しませんもの。

あーやだやだっ。

今夜は、ばふっと寝ちゃいます。
おやすみなさい。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント