泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 何がどうして…
2019-02-11 (Mon) 22:23

何がどうして…

どうなった?

なんで、自分が廊下で過ごしているときは、
父は寝ているくせに、別の部屋にたった
20分程度居ただけで、ベッドから
落ちてるし…、子供の後追いかい!!

別の部屋で断捨離をしていて、
ドサっと落ちる音が響いてきたので、
慌てて、父の部屋に戻ったら、
やっぱり落ちてました。

床は、フローリングではなく、
畳みなので、衝撃は少ないかも。
だけど、一度、それで大変な目に合っているから、
もうしつこく聞きまくり。

「どこかぶつけなかった?」
「痛いとこない?」
「頭は、大丈夫?」
「手は、足は?」

返事は、たった一言。

「ない」

だけどなぁ、そういっても、後で具合が
悪くなるパターン。
バツが悪くって、絶対に、ここが痛いとか
言わないから。

再度、しつこく聞きまくり。

「なんで、落ちたの?」
「なんで、柵をどけたの?」

なんで、なんで…、しまいに、

父が逆切れ。

「おまえのせいだ!!」

だから、どうして、そうなるのか?

「どうして、居ないんだ!!」

寝てたでしょ? いびきかいて…。
自分が廊下を離れたのは、たった20分だよ。
雰囲気でわかるのかな、離れたって…。

見ていない時に、何かやらかのって、
これも介護あるある? 

しつこく聞き過ぎて、逆切れもあるある?

ふてくされるのも、あるある?

まぁ、今回、何もなかったと…そうしましょう。
って、1週間後、いえ、3日後ぐらいから、
具合が悪い顔にならなきゃいいけど…。

あ~ぁ、ベッドサイドテーブルが
¨また¨壊れちゃったなぁ。
そう高くはないけど、これで、いくつ目?

キレて、食事と一緒に放り投げてくれましたっけ。
あるときは、食事の後の食器を下げるのが
遅いと言って、床に落としてくれましたっけ。

あの…諭吉さんが降って湧いてくるわけじゃ
ないんですから、やめて下さい。

また注文しなきゃ…
この雪の中、宅配のアンちゃん、ごめんね~。
除雪して、ちゃんと道路開けとくよ~。

自分が廊下に戻ったら、またいびきが
聞こえてくるんですけど~~!!

医師からは、絶対に転倒させないようにって、
しつこいくらい言われ、転倒したら、
監督不行き届きだと、こっちが叱られるし、
入院でもしようものなら、側にいて、
なんで見てなかったのかと…威圧感満点な
眼差しでくるし…。

自分、四六時中、
ずっと付きっ切りでいろってことですか~?
無理ですってば。

今の担当医師…嫌いです。
(あ~言っちゃった…、父の為に黙ってたけど…)

父に何かあった場合…自分のせいですか?
そうなんだろうなぁ。

前もそうだったなぁ…
母が胃癌で亡くなった時も、二十歳の自分が
傍にいなかったからだと責められましたっけ。
どの口が言うんだか、
なにひとつ、母に何もしてくれなかったのに。

あーーやだやだ、ほんと、もう20年以上
経ってるのに、瞬時に思い出した…。
書いているうちに、いやぁ~んな記憶まで
掘り起こしちゃったなぁ…。

話は戻って…
自分は、介護に関しては、まだまだ
未熟なんだと思います。
もっと、父のやることの先の先を読んで、
労わってあげないとダメですね。

今夜は、しばらく起きている予定です。
心配なので…。

温かくして、ゆっくり休んでくださいね。
おやすみなさい。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by マッキー
アンさん お父さん大丈夫ですか?うちは病院で入院中に帰宅願望が強く、看護師さんにベッドから落ちないようにお願いしますとお願いしてましたが、私が面会に病室に入る直前に落ちて5針おでこを縫いました。それから、MRIとか色々検査しました。柵を外してまで父は歩けないのに、どうやって家に帰ろうとしたんだろう?そう思うと、連れて帰れないのが辛くて苦しかったですね~。
あれ?まてまて~。アンさんの父上は自宅なのに何で?やはりアンさんを探した?んですかね?うちの父も入院する前は、用もないのに大きな声で名前を呼んでました。
目が離せないのは大変です。わかります。
私もお風呂はシャワーのみで、ソワソワしながら入ります。私は髪が長いので母が朝食を食べてる後ろ姿をチラチラ見ながら、流し台で洗います。
母の担当のケアマネージャーが、お母様の幸せは何なのか考えて下さいと言われました。多分、娘ともわからず他人と暮らしてると思っている母にとっては苦痛なのでは?という事なんでしょう。でも、私には入院する前に父との約束があるんです。母の暴力、暴言が辛くて父に相談したら『施設に入れるのは俺が死んでからにしてくれ』って。父も私が同居する前までは辛い思いをしていたんだと初めて感じました。
それから、先の先を読む。昨日、いとこがうちに来て言ってくれました。
『母の便失禁が大変なんだよ』って言ったら『だいたい、いつ頃かわかるやろ?』って聞くので『明け方だね~』って言うと『その時、起きて先に誘導するんやで。介護は先の先を読む、やってみ』と。
それができたら完璧だわ。でも、で、き、な、いっ!だって母にしたら私は他人で、1番嫌がる事だから。後処理をせっせとするのみです。私の朝は、後処理から始まるのです。母のベッドからトイレまでの床は、7メートル位あるかな?毎日大量の新聞紙を敷き詰めてあるので、それを剥がすんですね。毎朝、大洪水のごとく、床は濡れまくってます。最初は厚めの布を敷いて毎朝、大量の洗濯をしてました。でも、冬場は洗濯物が乾かなくて、、、洗濯物はそれだけではないですもんね。アンさんの洗濯事情もうちと似てます。1日に何回洗濯機を回すんだ?みたいなね。
同じ洗濯機で私の服も洗って大丈夫なのか?って思ったりしますが、ワイドハイターやら使って、殺菌してるって自分を納得させながらやってます(笑)
アンさん、本当にありがとう。私の話を聞いてくださって。深呼吸大事ですね。ひ~ぃ、ふぅ~。
出逢いに感謝します。

* by マッキー
追伸、髪と体は別の場所で洗ってるって事です、あしからず。

* by アン
************************************
マッキーさん
はい、大丈夫のようです。
ご心配をおかけいたしました。
以前、落ちて大騒ぎしてピーポーの世話に
なったことがあり、それからというもの、
ベッドの真下には、マットを敷き詰めてあります。
自分も試しに何度も落ちて確認。
衝撃がほぼなかったので、安全対策に
なっています。
入院するちょっと前にも、ありまして、
なんでそうなったのかと聞いても、だんまり…、
こうなると、絶対に話さないので、今回も
全くと皆無です。
入院中の転倒、ベッドから落ちる事、
病院側は、これが一番厄介な事らしいですね。
うちの父も入院中、「柵」が必須でした。
そうそう、今の病院のベッドって、
柵を取ろうとしたり、過剰に揺らすと、
ナースコールみたいになっているようで、
看護師さんが来てましたね。
自分も、それを知らず、柵に寄り掛かったら、
看護師さんが来られて
「どうしました?」って、こっち、えっ、何って
感じでした。
マッキーさんがお話してくれたので、
御両親の介護をどうなさっておられるのか、
マッキーさんの日常が垣間見ることが
出来ました。
自分は、言葉足らずで誤解を招きかねない
ところもあるので、
どうお話していいのか、
どうお言葉をおかけしていいものか…
お返事が的外れになっていたら、ごめんなさい。
自分は、聞くことしか出来ません。
マッキーさんのお気持ちや心情を
本当にわかるのは、自分がその立場になって、
その時、ようやく理解が出来るものだと
考えています。
…なので、ただ「大変そう」と安易な事は
言えません。
ひとつだけ、
マッキーさんご自身の介護の日常を
お話がしたいと、ここ、自分を選んで
頂いたこと嬉しく存じます。
マッキーさんと同じ境遇の方も読まれて、
そうなの、うんうんと頷かれた方も
おられるかもしれません。
介護に追われると見えなくなることも多く、
目の前の処理をすることで、精一杯になることは、
どなたでもあるかと存じます。
目が離せない…、これも介護あるあるの
ひとつではないでしょうか。
何が幸せなのか…、難しいですね。
介護する側、される側の両方のケアがなくては…。
マッキーさんの幸せもです。
ちょこっと、ブログでも書きしましたが、
自分には「ケアマネ」が禁句になっていまして、
触れることは出来ないので、ご了承下さい。
先の先を読めたら、どなたも苦労をしなくとも
いいのにですね。
自分にも無理です。
10年以上介護してきて、わかったことは、
こっちがいくら細かく砕いて、介護しても、
ほぼ「裏目」に出てたりすることが多いので、
流れでやってたりします。
お母様、リハパンがお嫌なのでしょうか…、
うちの父も入院する前は、もう嫌がってました。
しかし、自覚があっても、間に合わないことで
ようやくリパパンになって、今、少しだけ
落ち着いてくれているので、洗濯の間が開くように。
洗濯機と半日仲良しが毎日でしたから…。
…冷蔵庫とか、おひとりさま専用みたいに
小さいサイズがあるのに…おひとり様専用
洗濯機とか出してくれないものかと…。
探せばあるかもしれませんけど。
あったら、自分専用で買っちゃいます~。
介護は、体力、気力、メンタル…それと諭吉さん。
何かと削がれるのは確かです。
次から次へとなにかあるので、気が休まらないのも、
これもあるあるですね。
いえいえ、こちらこそ…、
お話していると、自分も気持ちが和んでおります。
追伸 思わず想像を…(ぽっ)…って、
   いえいえ、省いてお話なさっても、
   流れで伝わっております。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

アンさん お父さん大丈夫ですか?うちは病院で入院中に帰宅願望が強く、看護師さんにベッドから落ちないようにお願いしますとお願いしてましたが、私が面会に病室に入る直前に落ちて5針おでこを縫いました。それから、MRIとか色々検査しました。柵を外してまで父は歩けないのに、どうやって家に帰ろうとしたんだろう?そう思うと、連れて帰れないのが辛くて苦しかったですね~。
あれ?まてまて~。アンさんの父上は自宅なのに何で?やはりアンさんを探した?んですかね?うちの父も入院する前は、用もないのに大きな声で名前を呼んでました。
目が離せないのは大変です。わかります。
私もお風呂はシャワーのみで、ソワソワしながら入ります。私は髪が長いので母が朝食を食べてる後ろ姿をチラチラ見ながら、流し台で洗います。
母の担当のケアマネージャーが、お母様の幸せは何なのか考えて下さいと言われました。多分、娘ともわからず他人と暮らしてると思っている母にとっては苦痛なのでは?という事なんでしょう。でも、私には入院する前に父との約束があるんです。母の暴力、暴言が辛くて父に相談したら『施設に入れるのは俺が死んでからにしてくれ』って。父も私が同居する前までは辛い思いをしていたんだと初めて感じました。
それから、先の先を読む。昨日、いとこがうちに来て言ってくれました。
『母の便失禁が大変なんだよ』って言ったら『だいたい、いつ頃かわかるやろ?』って聞くので『明け方だね~』って言うと『その時、起きて先に誘導するんやで。介護は先の先を読む、やってみ』と。
それができたら完璧だわ。でも、で、き、な、いっ!だって母にしたら私は他人で、1番嫌がる事だから。後処理をせっせとするのみです。私の朝は、後処理から始まるのです。母のベッドからトイレまでの床は、7メートル位あるかな?毎日大量の新聞紙を敷き詰めてあるので、それを剥がすんですね。毎朝、大洪水のごとく、床は濡れまくってます。最初は厚めの布を敷いて毎朝、大量の洗濯をしてました。でも、冬場は洗濯物が乾かなくて、、、洗濯物はそれだけではないですもんね。アンさんの洗濯事情もうちと似てます。1日に何回洗濯機を回すんだ?みたいなね。
同じ洗濯機で私の服も洗って大丈夫なのか?って思ったりしますが、ワイドハイターやら使って、殺菌してるって自分を納得させながらやってます(笑)
アンさん、本当にありがとう。私の話を聞いてくださって。深呼吸大事ですね。ひ~ぃ、ふぅ~。
出逢いに感謝します。
2019-02-11-23:52 マッキー [ 返信 * 編集 ]

追伸、髪と体は別の場所で洗ってるって事です、あしからず。
2019-02-12-00:00 マッキー [ 返信 * 編集 ]

************************************
マッキーさん
はい、大丈夫のようです。
ご心配をおかけいたしました。
以前、落ちて大騒ぎしてピーポーの世話に
なったことがあり、それからというもの、
ベッドの真下には、マットを敷き詰めてあります。
自分も試しに何度も落ちて確認。
衝撃がほぼなかったので、安全対策に
なっています。
入院するちょっと前にも、ありまして、
なんでそうなったのかと聞いても、だんまり…、
こうなると、絶対に話さないので、今回も
全くと皆無です。
入院中の転倒、ベッドから落ちる事、
病院側は、これが一番厄介な事らしいですね。
うちの父も入院中、「柵」が必須でした。
そうそう、今の病院のベッドって、
柵を取ろうとしたり、過剰に揺らすと、
ナースコールみたいになっているようで、
看護師さんが来てましたね。
自分も、それを知らず、柵に寄り掛かったら、
看護師さんが来られて
「どうしました?」って、こっち、えっ、何って
感じでした。
マッキーさんがお話してくれたので、
御両親の介護をどうなさっておられるのか、
マッキーさんの日常が垣間見ることが
出来ました。
自分は、言葉足らずで誤解を招きかねない
ところもあるので、
どうお話していいのか、
どうお言葉をおかけしていいものか…
お返事が的外れになっていたら、ごめんなさい。
自分は、聞くことしか出来ません。
マッキーさんのお気持ちや心情を
本当にわかるのは、自分がその立場になって、
その時、ようやく理解が出来るものだと
考えています。
…なので、ただ「大変そう」と安易な事は
言えません。
ひとつだけ、
マッキーさんご自身の介護の日常を
お話がしたいと、ここ、自分を選んで
頂いたこと嬉しく存じます。
マッキーさんと同じ境遇の方も読まれて、
そうなの、うんうんと頷かれた方も
おられるかもしれません。
介護に追われると見えなくなることも多く、
目の前の処理をすることで、精一杯になることは、
どなたでもあるかと存じます。
目が離せない…、これも介護あるあるの
ひとつではないでしょうか。
何が幸せなのか…、難しいですね。
介護する側、される側の両方のケアがなくては…。
マッキーさんの幸せもです。
ちょこっと、ブログでも書きしましたが、
自分には「ケアマネ」が禁句になっていまして、
触れることは出来ないので、ご了承下さい。
先の先を読めたら、どなたも苦労をしなくとも
いいのにですね。
自分にも無理です。
10年以上介護してきて、わかったことは、
こっちがいくら細かく砕いて、介護しても、
ほぼ「裏目」に出てたりすることが多いので、
流れでやってたりします。
お母様、リハパンがお嫌なのでしょうか…、
うちの父も入院する前は、もう嫌がってました。
しかし、自覚があっても、間に合わないことで
ようやくリパパンになって、今、少しだけ
落ち着いてくれているので、洗濯の間が開くように。
洗濯機と半日仲良しが毎日でしたから…。
…冷蔵庫とか、おひとりさま専用みたいに
小さいサイズがあるのに…おひとり様専用
洗濯機とか出してくれないものかと…。
探せばあるかもしれませんけど。
あったら、自分専用で買っちゃいます~。
介護は、体力、気力、メンタル…それと諭吉さん。
何かと削がれるのは確かです。
次から次へとなにかあるので、気が休まらないのも、
これもあるあるですね。
いえいえ、こちらこそ…、
お話していると、自分も気持ちが和んでおります。
追伸 思わず想像を…(ぽっ)…って、
   いえいえ、省いてお話なさっても、
   流れで伝わっております。
2019-02-12-21:13 アン [ 返信 * 編集 ]