泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › こんな日も…
2019-02-14 (Thu) 19:46

こんな日も…

あっていいのかなぁ。
ちょっと後ろめたい思いです。

午後から、身体がダル重で頭痛がしてしまい、
父からの呼び出しコール以外、何もせず
夕方まで、ずっと横になって寝てました。
疲れがたまってたのかしら。
もう~今頃になって来るなんて。

廊下の天井を見ながら、
自分、何してんだろ…
他所様はお勤めなさっているのに…
介護をなさっているのに…
こうして、横になってゆっくりしてて
いいのか、やっぱりやらなきゃ…と
身体を起こしたら、目の前が
ぐるぐる~として、枕に
突っ伏してしまいました。

夜は、父からの1時間コールにも
慣れて来て、サッと動いていたのに。
日中の過ごし方がこんな状態では…
何もなりません。

日中は、ほぼ動き回っている状態で、
そうでもしないと、何も出来ない自分は、
ただ息しているだけの存在のような
気がするのです。
あっ、これは、自分のことなので…。

離職したことも、介護していることも、
そんなことは、二の次で、自分に
何が出来るのか、このまま過ごして
いいのかなとか、自分の一生はこれで
終わりなのかなぁとか…。
いつも心の片隅でくすぶっていて、
横になっていると、頭にもたげてきます。

ただ、こんなつまらない、くだらないことを
考えているなんて、他所様からしたら、
贅沢なことなのだと思います。
だって、そんなことを考えられるのは、
「余裕」がある証拠だと。

正直、動いていないと、気持ちに
押しつぶされそうになるんです。
これ、泣き言です。

だから、横になって何もしない時間が
怖いんですよ。
何かしていたら、気持ちも紛れるし、
つまんないことを考えないですし…。

ぽこっと、¨マ¨が開くと、
まったくとロクなことを考えないので、
動き回っていた方がラクだったりします。

10年前、父の介護が始まった時から、
もっと何か行動を起こすべきでした。
やり始めた時は、毎日が慣れない、
バキバキと心が折れまくりでしたけど、
やっぱりその中で、やるべきでした。

あの…自分が言うにはおこがましいことかも
しれませんが、今、介護始めたばかり、
まだ一、二年目とか…
10年後のご自身のことを見据えて、
今、出来そうなことをちまちまと
やられるといいかも…。
介護期間10年なんて、あっという間。

え~、10年後なんて…思われるかも
しれませんが、自分にとっては、
瞬きの一瞬のように過ぎました。

でも、介護10年なんて、序の口
なんでしょうね…。

明日からは、またバキバキっと動きます。
横になれたおかげて、ダル重さが
治まりました。

…ぜんぜん関係ない話ですけど…
なんか、自分がつけるブログ記事のタイトル…
子供っぽい気が~まったくセンスなしですね。

ピシっと行きましょ!
…って、今夜も父が早めに寝ちゃったら、
自分も速攻で横になっちゃう。

明日明日~。

おやすみなさい。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント