泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › あと10日…
2019-02-18 (Mon) 09:28

あと10日…

早~っ。
2月もあと10日だって…。
だぁーーーっ!! 確定申告しなきゃ~、
父の世話ばかりしている場合じゃないっていうの。

医療申告しました? 
自分、歯の治療に諭吉さんに20人近く
かかっているのです。
一年間、がっちり通院しましたから。

歯医者さんへ行かなくなって、半年…
なんと、先週、歯がちみっと「欠け」て
しまいました。
原因は…堅いお菓子を食べたせいです。
それが、何かとは言えませんけど…。

ストレスのせいなのか、堅いものが
食べたくて仕方ないんです。
歯が立たないくらい、堅いものです…
義歯なのに~~馬と鹿~。

年度末も何かとせわしく、さらに人事異動も
そのひとつ…、ケアマネさんもあるのでは
ないでしょうか。
あと、社会福祉、役場で、窓口で顔なじみの方も…。

自分、この時期…、嫌いです。
以前、全くと引継ぎが出来てなくて、
1から話したことがあります。
これ、勘弁してください…って言うと、
そういうところでお勤めなさっている方に、
何か言われちゃうかな。

全くとサラの担当者と話をするって、
正直、疲れます。
何度も聞き返されるわ、なんのための
引継ぎなのかって…で、話にならなくて、
別の方に代わって頂きました。

在宅介護は、いくらやったって、
どうしたって、お金はもらえません。
しかし、そのお仕事関係についている限り、
社会からは、お給料をもらっているのに
「知りません、わかりません」って…。
新人ルーキーさんなら、仕方がないかと。
けれど、ある程度、その職にいて、
それでは…ねぇ。

もっと毒を吐きそうなので、ストップ。

今日は、いつもより、少しだけ暖かいので、
気分も上昇~。
…っていうか、夕べ、ほぼ寝てないので、
ただ単に、ハイテンションになってるだけです。

さてさて、今日も断捨離を進めます。

おでかけなさる方、いってらっしゃ~い。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by 万里
おはようございます。
頑張ってるアンさんにエールを!雪かきと介護、体に気を付けてね。
 時期ですねえ。さて余談ですが、確定申告と還付申告についてなんですけど。ご存知かもしれませんが、医療費等の還付申告に関しては、書類さえそろえば、1月1日から提出できます。確定申告と還付申告の差である「所得税を返してもらう手続き」に関しては2月15日以前に出来ます。ここら辺はネット等で確認してみてね。年金以外の収入の種類とかで分かれますから。家は年金収入だけでしたので、1月に昨年の医療費の整理をばばばばーとやって、年金の一年分の葉書(源泉徴収票)が来次第、国税庁のHPで計算して紙で打ち出して、郵送してます。田舎なので2週間程度で還付通知きます(笑)確定申告時期は税務署も混みますから、私は1月末か、2月の頭には出してます。まあ申告会場だと税務署の職員さんに聞きながらできるので、それはそれでありですが、混むんだもん。あと通院のタクシー代も基本認められませんが「高齢です、足悪いです、免許返納しました、田舎で公共交通機関ありません、どうぞお認め下さい、お役人様」と言う手紙を付けて通りました(税務署の方ありがとう)。国は還付申告に関してはあまり親切に広報しないですよね(笑)ほっとけば税収あがりますから。あ、それと還付申告は5年さかのぼれます。申告に関しては、収入内容が各ご家庭それぞれですので色々言えませんが、単純な年金のみとかで、医療費等の「還付申告」だけなら申告前がお勧めですよ介護家庭の皆さん。
 制度は毎年細かく変わりますので皆さま頑張って勉強を、ただ、お金欲しい(笑)税金の払い過ぎはしたくない、返してもらえるものは返してもらうの一念でした(笑)。そうそう、それで非課税になれば介護費等も変化ある場合もあるでしょうし。(ここらへんはまだ不勉強)
 来年は両親の申告は、例の馬と鹿兄一家にやってもらいますが、不安だわあ。
 長々すみません、でも所得税非課税(家の義母は身体障碍者&遺族年金(非課税)なのでこれ、ただお国は遺族年金も課税する方向でいますよ)以外は、税の申告も「介護あるある」なんだよね。

* by 万里
補足
 ちなみにタクシー代は「通院、入退院」のみです。まあ通院途中ちょっと買い物等は、税務署も分からないと思いますが(笑)。父は週二回整形通いでしたので、タクシー代大きかったです。最近はタクシーさんも積極的に領収書出してくれますし。

* by アン
************************************
万里さん
医療費控除の為になるお話をありがとうございます。
このまま、ブログの記事にしたいくらいです。
でも、こちらへ来られる方は、メッセージに、
目を通して下さっているようなので、皆様も
ご自身も早くやらなきゃ~って、自分と同じように、
思われたに違いありません。
自分も、やっと、さっき終わりました。
パソコンでやると、計算されるので便利ですね。
入力だけで済みますもの~。
先日、役場に別の用事で行った時、、
管轄の税務署の住所が書かれた封筒を
貰って来たので、あとは、郵送だけです。
毎年制度が少しづづ変わっていることに疎く、
以前なら、病院の領収書とか出さないと
行けなかったのに、医療費控除の明細書に
記入だけになったのですね、
いつから、そうなったの? って感じです。
それだけ、医療関係とは無縁だったということです。
それに、そんなに早くから書類提出が出来るのって、
万里さんが教えて下さったおかげで、来年は
すんなり…って、出来たら高額医療費を払うことなく
済ませたいですし、関わることなく過ごしたいものです、
自分も父も…、もちろん万里さんもそうかと存じます。
今回は、自分の歯科医の診療費が諭吉さん
20人近くになっていましたので、これは
父の診療分と纏めての確定申告でした。
補足もありがとうございます。
あの…お話が変わっちゃいますけれど、
御両親の介護から離れられたことをお話して
下さった時から、万里さんの事を気になって、
こちらから、記事で個人的に御呼びかけしても、
ご迷惑かけてしまうかもと…思ってました。
プライベートなことなので、スルーして
下さっても構いません。
こういうことをお聞きするのも憚ることで、
失礼なのですが…。
あれから、まだ間もないですけれど、
万里さんの心境は、どうでしょうか…。

* by 万里
私の事までありがとうアンさん。
 そうです、うふふ、少しロスですね。で、変なテンションなんです。ごめんなさい。
 十数年週2、3回通い、ほぼ毎日夕方、安否確認電話してましたから…。一月近く経ちましたが、あちらからの電話は、こちらから物を送った時(ろくに何も持たずに行きましたので、上着等送りました、必要ならあちらで両親の年金で買うようです)だけ、2回。義姉からは一言も無く、すぐ初期認知の母に変わり、「大丈夫だから、良くしてもらってるから!」と超ハイテンション。父は耳が遠くて電話での会話は無理です。うーん。こちらから電話もしにくいしね。(ほら、手も口も出すなと言われかねないご一家です)うまくいくのを祈るのみです。
 ただあれ以来、東京でカウンセラーを仕事にしてる友人が心配だと、良く連絡くれます。ごめんなさい。何とか乗り越えたいです。
 今日、ある方のブログで「認知があって色々な事があっても、本当は、両親は心の中(どこか)では、実の娘、息子に苦労をかけたくないと思っているはず」と言う記事が心にしみました。そう思って行こうと思います。

* by 万里
 うふふ。また補足。
 ブラックな方ですが、先の良い話。
 あ、だから家の義母の様に、嫁にやらせるのは気楽、(家の実母は昔は、年に一回来るか来ないかの義姉に、ものすごく気を使ってましたが。今同居してどんな気持ちなんだろう(涙))って事もあります。息子は可愛いですから。自分のオムツ換えさせるなんて考えもしない年代です。
 こうして両方の両親四人みてくると、介護って本当に「人と人」の関係なんだなあと思います。

* by アン
************************************
万里さん
ごめんなさい。
万里さんがロスしておられるところに
話し辛いことをおうかがいしてしまって…。
万里さんのご友人に、
叱られちゃいそうです。
御両親の介護から離れられたという
あの文面から、その時の万里さんの
お気持ちが、とても伝わって来て、
更新する度、万里さん、大丈夫かなと…
思わずにはいられませんでした。
お母様のご様子からだと、
少し安心なさったのではないですか、
お父様も上着を送ったことで、
万里さんを思われているに
違いありません。
どんなに離れていても、親が子を…、
子が親を思う気持ちは、同じです。
だって、身体には、同じ血が流れているのですもの。
無沙汰は無事の便り…ではありませんが、
万里さんに、ご連絡がないのは、きっと
家庭の中も、介護もうまくいっている
証ではないでしょうか。
なかったらないで、万里さんもご心配かも
知れませんけれど…。
補足のお話もありがとうございます。
人は、年を重ねれば重ねるほど、
変わられたのかもしれません。
以前は、いろいろとあったとしても、
介護をなさるという兄様のご家庭は、
これから、いろいろと変わられるかも
しれませんね。
万里さんの仰る通りですね。
人と人との繋がり…
それに、介護は、人の手でしか
出来ないことですから。
万里さんが、複雑なお気持ちで
いらっしゃる立場なのに、毎日、延々と
介護とは程遠い話ばかりしている自分の事まで
構って下さって、ありがとうございます。
これからも、役にもまったく立たない、参考にも
ならないという介護ブログではありませんが、
また、構ってやってください。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

おはようございます。
頑張ってるアンさんにエールを!雪かきと介護、体に気を付けてね。
 時期ですねえ。さて余談ですが、確定申告と還付申告についてなんですけど。ご存知かもしれませんが、医療費等の還付申告に関しては、書類さえそろえば、1月1日から提出できます。確定申告と還付申告の差である「所得税を返してもらう手続き」に関しては2月15日以前に出来ます。ここら辺はネット等で確認してみてね。年金以外の収入の種類とかで分かれますから。家は年金収入だけでしたので、1月に昨年の医療費の整理をばばばばーとやって、年金の一年分の葉書(源泉徴収票)が来次第、国税庁のHPで計算して紙で打ち出して、郵送してます。田舎なので2週間程度で還付通知きます(笑)確定申告時期は税務署も混みますから、私は1月末か、2月の頭には出してます。まあ申告会場だと税務署の職員さんに聞きながらできるので、それはそれでありですが、混むんだもん。あと通院のタクシー代も基本認められませんが「高齢です、足悪いです、免許返納しました、田舎で公共交通機関ありません、どうぞお認め下さい、お役人様」と言う手紙を付けて通りました(税務署の方ありがとう)。国は還付申告に関してはあまり親切に広報しないですよね(笑)ほっとけば税収あがりますから。あ、それと還付申告は5年さかのぼれます。申告に関しては、収入内容が各ご家庭それぞれですので色々言えませんが、単純な年金のみとかで、医療費等の「還付申告」だけなら申告前がお勧めですよ介護家庭の皆さん。
 制度は毎年細かく変わりますので皆さま頑張って勉強を、ただ、お金欲しい(笑)税金の払い過ぎはしたくない、返してもらえるものは返してもらうの一念でした(笑)。そうそう、それで非課税になれば介護費等も変化ある場合もあるでしょうし。(ここらへんはまだ不勉強)
 来年は両親の申告は、例の馬と鹿兄一家にやってもらいますが、不安だわあ。
 長々すみません、でも所得税非課税(家の義母は身体障碍者&遺族年金(非課税)なのでこれ、ただお国は遺族年金も課税する方向でいますよ)以外は、税の申告も「介護あるある」なんだよね。
2019-02-18-10:41 万里 [ 返信 * 編集 ]

補足
 ちなみにタクシー代は「通院、入退院」のみです。まあ通院途中ちょっと買い物等は、税務署も分からないと思いますが(笑)。父は週二回整形通いでしたので、タクシー代大きかったです。最近はタクシーさんも積極的に領収書出してくれますし。
2019-02-18-11:08 万里 [ 返信 * 編集 ]

************************************
万里さん
医療費控除の為になるお話をありがとうございます。
このまま、ブログの記事にしたいくらいです。
でも、こちらへ来られる方は、メッセージに、
目を通して下さっているようなので、皆様も
ご自身も早くやらなきゃ~って、自分と同じように、
思われたに違いありません。
自分も、やっと、さっき終わりました。
パソコンでやると、計算されるので便利ですね。
入力だけで済みますもの~。
先日、役場に別の用事で行った時、、
管轄の税務署の住所が書かれた封筒を
貰って来たので、あとは、郵送だけです。
毎年制度が少しづづ変わっていることに疎く、
以前なら、病院の領収書とか出さないと
行けなかったのに、医療費控除の明細書に
記入だけになったのですね、
いつから、そうなったの? って感じです。
それだけ、医療関係とは無縁だったということです。
それに、そんなに早くから書類提出が出来るのって、
万里さんが教えて下さったおかげで、来年は
すんなり…って、出来たら高額医療費を払うことなく
済ませたいですし、関わることなく過ごしたいものです、
自分も父も…、もちろん万里さんもそうかと存じます。
今回は、自分の歯科医の診療費が諭吉さん
20人近くになっていましたので、これは
父の診療分と纏めての確定申告でした。
補足もありがとうございます。
あの…お話が変わっちゃいますけれど、
御両親の介護から離れられたことをお話して
下さった時から、万里さんの事を気になって、
こちらから、記事で個人的に御呼びかけしても、
ご迷惑かけてしまうかもと…思ってました。
プライベートなことなので、スルーして
下さっても構いません。
こういうことをお聞きするのも憚ることで、
失礼なのですが…。
あれから、まだ間もないですけれど、
万里さんの心境は、どうでしょうか…。
2019-02-21-16:18 アン [ 返信 * 編集 ]

私の事までありがとうアンさん。
 そうです、うふふ、少しロスですね。で、変なテンションなんです。ごめんなさい。
 十数年週2、3回通い、ほぼ毎日夕方、安否確認電話してましたから…。一月近く経ちましたが、あちらからの電話は、こちらから物を送った時(ろくに何も持たずに行きましたので、上着等送りました、必要ならあちらで両親の年金で買うようです)だけ、2回。義姉からは一言も無く、すぐ初期認知の母に変わり、「大丈夫だから、良くしてもらってるから!」と超ハイテンション。父は耳が遠くて電話での会話は無理です。うーん。こちらから電話もしにくいしね。(ほら、手も口も出すなと言われかねないご一家です)うまくいくのを祈るのみです。
 ただあれ以来、東京でカウンセラーを仕事にしてる友人が心配だと、良く連絡くれます。ごめんなさい。何とか乗り越えたいです。
 今日、ある方のブログで「認知があって色々な事があっても、本当は、両親は心の中(どこか)では、実の娘、息子に苦労をかけたくないと思っているはず」と言う記事が心にしみました。そう思って行こうと思います。
2019-02-21-21:07 万里 [ 返信 * 編集 ]

 うふふ。また補足。
 ブラックな方ですが、先の良い話。
 あ、だから家の義母の様に、嫁にやらせるのは気楽、(家の実母は昔は、年に一回来るか来ないかの義姉に、ものすごく気を使ってましたが。今同居してどんな気持ちなんだろう(涙))って事もあります。息子は可愛いですから。自分のオムツ換えさせるなんて考えもしない年代です。
 こうして両方の両親四人みてくると、介護って本当に「人と人」の関係なんだなあと思います。
2019-02-22-09:35 万里 [ 返信 * 編集 ]

************************************
万里さん
ごめんなさい。
万里さんがロスしておられるところに
話し辛いことをおうかがいしてしまって…。
万里さんのご友人に、
叱られちゃいそうです。
御両親の介護から離れられたという
あの文面から、その時の万里さんの
お気持ちが、とても伝わって来て、
更新する度、万里さん、大丈夫かなと…
思わずにはいられませんでした。
お母様のご様子からだと、
少し安心なさったのではないですか、
お父様も上着を送ったことで、
万里さんを思われているに
違いありません。
どんなに離れていても、親が子を…、
子が親を思う気持ちは、同じです。
だって、身体には、同じ血が流れているのですもの。
無沙汰は無事の便り…ではありませんが、
万里さんに、ご連絡がないのは、きっと
家庭の中も、介護もうまくいっている
証ではないでしょうか。
なかったらないで、万里さんもご心配かも
知れませんけれど…。
補足のお話もありがとうございます。
人は、年を重ねれば重ねるほど、
変わられたのかもしれません。
以前は、いろいろとあったとしても、
介護をなさるという兄様のご家庭は、
これから、いろいろと変わられるかも
しれませんね。
万里さんの仰る通りですね。
人と人との繋がり…
それに、介護は、人の手でしか
出来ないことですから。
万里さんが、複雑なお気持ちで
いらっしゃる立場なのに、毎日、延々と
介護とは程遠い話ばかりしている自分の事まで
構って下さって、ありがとうございます。
これからも、役にもまったく立たない、参考にも
ならないという介護ブログではありませんが、
また、構ってやってください。
2019-02-22-22:13 アン [ 返信 * 編集 ]