泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 虫の居所が悪い
2019-02-24 (Sun) 20:11

虫の居所が悪い

…時に、電話の呼び出しコール音。
ディスプレイには、050-から始まる番号。

番号から、ロクな電話じゃないことは
わかったんですが、とりあえず出たら

「こちらは、NTTです」

ガシャ。

切った途端、リダイヤルでかけて来て、

「いえ、NTTから押し売りではなく…」
「へぇ~」(棒読み)

いきなり

「インターネットって、されていませんよね?」
「・・・」返事しない自分。
「していない方へのお知らせなんです」
「あのさ、どこで、その個人情報を?」
(もの凄く不機嫌声の自分)

「・・・・」

今度は、向こうが黙ったぞ。
向こうが絶句したので、すかさず切りました。

ふんっ、馬~と鹿~っ!! 
すかさず迷惑電話として登録しました。
そもそも、今日は、日曜だよ?
本家本元は、営業なんかしませんって~。

これ、ご高齢の方が、こんな阿保電話を受けたら、
うんうんと聞きそうだ。

おうちの高齢の方に、くれぐれも、
ご注意をなさってくださいね。

ネットで電話番号を調べたら、
出るわ出るわ、会社名も不明なら
しつこい勧誘で、何回もかけてくるという、
とんでもないところでした。

ただ、電話かけてきたのが、
かなり年上のおばちゃんなんだよね、
声も、話し方も…。

そんなブラック電話コールセンターで
働くのは、やめなさいっていうの…。
たぶん、歩合制でしょ。
一軒も契約が取れなかったら、
息子のような若造に怒鳴られるんじゃないの?

えっ、なんで虫の居所が悪いかって…
父でも介護でもなく、身体が痛いっていうのに、
この手の電話が、今日だけで3件もあって、
身体が痛くって、やっと休めると思った途端、
電話がかかり、1件目…

「なんすよ~どうすっか~」

営業コールに、その言葉使い…
どうなんだって話。

2件目も間が悪いというか、
父がお昼寝し始めたので、自分も!!と
横になってウトウト…
電話のコール音で、目がさめて
電話に出たら、言葉使いが、もの凄く丁寧だけど、
こっちに考える暇を全くと与えない
ダンガントーク…

(阿・保・か、コイツ)

これに、イラっと!
しゃべらせておくだけおいて、自分、
一切、返事せず、ガシャ。

あ~、やっと横になれる~と毛布を被ったら、
父からの呼び出し。
あぅ、お昼寝が出来なかったじゃないかぁ。

もんもんもんもん…としていたとこに、
3件目の電話が…。

あっ、いくら虫の居所が悪いたって、
父に絶対に、態度や言葉で、当たったりは
絶対にしません。
それは、自分で消化するだけ。

父には、一切、ストレスを
かけさせないように過ごしています。

…にしても、「NTT」と言えば
話ほ聞いてもらえると思って…タチが悪いったら。

あっ、今は、もうすっかり
「むしさん」は、いませんので、大丈夫。

うふふふ、自分の癒しは…
らんちーのおちり、もみもみ~っ。
あうあう、好きだーー!!
(馬さんと鹿さん丸出し~)

今夜は、父が休んだら、すぐに寝ちゃいます。

おやすみなさい~。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント