泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 幕が閉じる
2019-04-30 (Tue) 08:00

幕が閉じる

平成。

おはようございます。

夕べは、なかなか寝付かれずに、
朝を迎えてしまいました。

今日で平成が終わり、明日から新元号、
災害などのない時代であってほしいです。
近年、猛威を奮う自然災害も、どこにも
起こりませんよう祈るばかりです。

平成が始まった頃といえば、自分は、生きることが
どうでもよかった時期がありました。
親からも、おまえは要らないとも言われ、
ひきこもり寸前まで追い詰められ、
もう死んでもいい…ところまで…
そんな時に、年上の友人と出会い、
その友人が、三途の川に足を突っ込みかけていた
自分を引っ張り上げてくれました。
今、自分があるのは、この友人のおかげです。

十代の頃、死にたいとまで追い込まれた理由は、
今思えば、超くだらなかったことだったって…
命を引き換えるなんて、それこそ馬と鹿~。

ここは、介護ブログだから、親の介護なんて
想像も、考えられない十代の子たちが見てるとは
到底思えないけれど、あえて…
今、「死にたい」って思っている十代の多感期のコ…

声を大にして言いますよ~

       ¨絶対にしんじゃダメ~¨、

あなたが、半世紀を迎える頃…、
当時、なんで、あんなことで~って
思える時が来るから。
大好きな親御さんに寄り添って、
介護をしているかもしれないでしょ、ねっ。

友人から、今だに当時の事を、たまにからかわれますよ。
そのころの自分は「ゾンビみたいだった…」って。
悪かったですわね、しかし、この例えは…どうなの?

そんなこんな時期もあったけど、結局、
今は、父を介護する人生に…。
まっ、いや、これも、後悔はないです。

心のどこかで、これだけで終わるなんて~って、
贖っていたけれど、すごく疲れちゃって、
現状を受け入れたら、ラクになっちゃいました。

自分ももうすぐ半世紀を迎え、振り返ったところで
ロクな事を思い出さないわ…、
歩いてきた道なんて、中身のないものでした。
ここで、延々と自分の過去バラしを赤裸々にしても、
かまわないのですけど、つまんないと思います。

そんなことは置いといて…

今の自分の宝物は、ずっと一緒にいてくれる友人と…
このブログに、大切なご自身の時間を割いてくれて
寄って下さるあなた様です。
介護を通して、同じ時の中で、一緒に新元号を
迎えられることを嬉しく存じます。
至らない自分とお話して下さり、ありがとうございます。

自分のブログ…
誤字脱字は朝飯前、言葉の使い方が間違っている、
言ってることがよくわからない箇所箇所、
気持ち任せに書いたことも…多々あったことかと~、
いや、これは、これからも
それが良くなることはないかと思いますけど、
「あぁ、またアンがやってる~」って、
ゆる~く見てやって下さいませ~。

新元号からも、よろしくお願いいたします。

お出かけをなさる方、気を付けて
いってらっしゃ~い。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント