泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 何でもかんでも
2019-05-31 (Fri) 23:57

何でもかんでも

ペーパーレスは、やめて欲しい~。

三菱UFJ銀が、紙の通帳廃止するそうで、
スマホなどで閲覧できる「デジタル通帳」に
切り替えるそうで…もちろん、
希望者には従来通り発行するらしいですけど、
自分は、相変わらずスマホは持たないし、
諭吉さんの流れが把握できないから、
今後も、通帳派です。

もし、すべてデジタルにしたら、
遺産相続等々で、いろいろと問題も発生
するでしょうに。
さらに、亡くなった方の銀行口座の解約など、
まして、その方の銀行口座もわからなくて、
それこそ、うやむやになって
その残高は、銀行か国のものってことに…。

今の時代、おひとりの方も多いわけで、
その方がぽっくりとなって、スマホ、
パソコンなど、開くにしても、まずは、
「暗証番号」が必要で、まずは、これが
上手く言ったとして、次にどこの銀行口座か
わかったとして、はい、暗証番号…
これがわからないのでは、この口座が
身内のものだ…なんて、どう証明するの?

今でも、窓口で、父の代理で口座から
下ろそうものなら、やれ、委任状だの、
本人確認だの、代理人の確認だの…と、ごまんと
手続きを踏まされるのに…。

時代の流れなのはわかるんだけど、
デジタル化が「絶対」に大丈夫なんて、言える?
いい例が「ビットコイン」事件。
あれ、結局どうなったの? 戻ってきたなんて、
聞かないですけど。

自分は、通帳派なのは、諭吉さんの流れが
わかるからです。
毎月、キッチリとこれだけ!!という予算を
決めているから、自分にとっては、家計簿
みたいなものなんです。
自分の通帳、記帳するページには、何も
書きませんが、前のページには、もう
ごちゃごちゃと書き込みしてあります。

通帳の繰り越しが、ATMで出来るようになって、
ほんと良かったです。
だって、窓口だと恥ずかしんだもん。

それはさておき、ご高齢の方が
このデジタル化して、使いこなせれるのかと…、
自分ですら、キャッシュカードの暗証番号すらも
忘れてしまうこともあるというのに。

まっ、うだうだと言ってるけど、自分は、
とことん「アナログ」人間なんでしょうねぇ…。

ペーパーレスって言うんなら、介護関係、
社会福祉関係、役場関係…申請する書類が多すぎ!!
記入する書類も…、ケアマネさんとの契約書…
住所、名前の記載だけで8枚!!
まだ書類に目も通してないのに…サインかいっ!

難病の書類も、小難しいことがタダあって、
聞かないと記入出来なかったです。
自分が、馬と鹿なんですが…。

この銀行が、ペーパーレスするなら、
他の銀行もそうするでしょうね。
このペーパーレスって…銀行側にだけ
メリットがありそうですわぁ。

なんかいつも思うのは、他の事でも
そうですけど、結局、簡単、楽ちん、
ペーパーレス化…、こちら側を置き去りに
なっている気がします…。
こっちに、メリットがない事の方が
遥かに多いですね。

今、父の銀行口座を解約したいのですが、
それがまぁ…杓子定規の如く、

「本人様でないと出来ません」

だの…

「銀行へ直接おいでください」

だの…

「当人様に書類を書いて頂きます」

だの…

身体が不自由で、字もまともに書けないというのに、
それでも、そうしろと?

だったら、銀行が営業兼ねて、訪問して…
これは、諭吉さんがたーんと口座がある方に
限って、してくれるそうですよ。

ないわ!

何がペーパーレスだっていうんだか!

今宵も遅くなってまいりました。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント