泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › ゾンビと白衣
2019-06-15 (Sat) 19:15

ゾンビと白衣

コスプレ!?

ただいまです~。
土砂降りの中、友人宅から帰宅しました。

今、夏風邪が流行りつつあるようなので、
お気をつけて、お過ごしください。

友人が夏風邪をひいて、情けない声で、
「もうだめかも」と、あまりにも
つまんないことを言うものだから、
食ったら元気になる! と
たっぷりと食べさせて来ました。

友人もひとり介護ですから、
体調を崩して、心細くなっているのは
わかるのです。

友人宅へ行く前、スーパーで食品を買い、
しっかりデザート付きですよ。

ぴんぽぉ~ん。
呼び鈴を押したら、「ゾンビ顔」していた友人。
「うわ~、ひどい顔してるね」
「開口一番それ?」

持参の圧力鍋とレジ袋の食品を見せて、

「ごはん作りに来たよ。
 食欲ない~とか言ったら、お母さんにだけ
 作って帰るからね~」
「有難い…お願いします」
「寝てなよ、お母さんに挨拶してくるね~」

自分より、6つも年上だというのに、
なんか、子供っぽいとこもあるんです、
この友人。

よく来てくれたね~と喜んでくれました。
あのコが迷惑かけて…と、そんなこと
ちっとも思ってませんから~。

お母さんの好みは、把握済み。
先に、お母さんの食事を作って、
食べてもらいました。
お口にあったようで、良かったです。

さて、今度は、ゾンビ状態の友人の食事。
喉が痛いというから、さらさらと
入るものをチョイス。

ここでも圧力鍋が大活躍。
もう「柔らかく」なるので、多少、
固めの肉でも、ほろっほろっ。
とにかく「肉」を食わさないと、
元気も出ないでしょうから。

大根おろしポン酢で、〆でした。

「食べた~、アンタが作る料理って好き~、
 優しい味付けだから、調子悪くっても
 お腹にはいるから」
「誉めたって何も出ないよ、
 あっ、そうだ、あの干してある白衣、
 あれ、どうしたん? 何かのプレイ用?」
「馬と鹿~、何のプレイだ、なんの~、
 相手がいないって」
「そこかーいっ」

お互い口開けて、大笑い。
笑える元気があればよし!

「貰ったんだよ、叔父から。
 何、興味あるみたいだね~、あげようか?」
「要らない~、でも、着る機会なんてないから、
 着たい着たい!!」

メンズ用の白衣を着て、

「女医さんに見える?」
「似合わない~、
 マスクしているから、怪しい実験してる人にしか
 見えない~、おっかしぃ~」

あーはいはい、そーでしょうよ、ふーんだっ!
ゾンビ人に言われたくないわ。

「アンタは、迷彩とタクティカルブーツが
 似合うって…、今日、ありがと。
 元気出たよ」
「冷蔵庫のタッパーの中と、ラップをかけた
 お皿におかず作って入れておいたから、
 今夜は、おかゆだけ炊けばいいよ」

ひしっ!! 
抱きしめないでいいって~っ。
風邪がうつるって~~っ。

「ペルパーになりなよ、アンタ、向いてるって」
「ならないってば」
「この職人馬と鹿~!!
 そうだ、今日のお駄賃払うから、財布取って」
「要らないってば~、じゃ、帰るね、
 お父さん待ってるから」

友人がぐいっと服を引っ張るから、
何かと思ったら、

「だったら現物支給…
 見たかったって言ってたDVD」
「嬉しい~~じゃあね」

途中から、もう土砂降りになって来まして、
もう大変でした。

帰宅して、父の世話して、食事の用意して、
ポータブルDVDで、頂いたのを見ようと…
DVDの中に、封を切ってないものが…
ん? いわゆる¨あふぅ~ん¨のDVDが。

おいおい…、何考えてんだか。
絶対に確信犯…ったく、困ったものだ。

友人に、なんで、どうしてよ~とメールしたら、
返事が…

「潤いが出るよ~」

はぁ?
だったら、自分好みの男性が出てるのが良かった~と
阿保な返しをする自分。

「そこまでは、知らんって」

このまま、封を切らず、のしつけて返しましょ。
友人も、自分が見ないこと、知ってるはずなのに…。

だって、今更、興味ないよ、散々見たし…えっ?
んっ、んんんーーーーっ!!
あはははは、気になさらないで下さい。
いえ、男性の友人がいると、こうなるんですよ。

だけど、女性ホルモンが出るみたいですよ。
あと、今では、女性の監督さんのものも、
あったりしますよ、なちゅらる~って感じ。

…って、詳し過ぎ?

こちらには、18歳未満のコは、来られてないかと
思いますけど、サラっと流して下さいな。

今夜は、DVD三昧、楽しみ楽しみ!!
(あふぅ~んじゃないですよ、しつこいっ)

ガンダムのOVA!! 
OVAシリーズは、いいお話が多いんですよ、これが。
以前、一度だけ見ただけで、じっくりと
見たかったのです。
さすがは、我が友人です。

今日は、ドタバタと忙しくもあったけれど、
ここちのいい疲労感があります。
気心の知れた友人とのお話は、たとえ短い
時間でも楽しいものです。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント