泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › スーパーで…
2019-06-20 (Thu) 20:19

スーパーで…

カートを使わなければ、
無駄なものを買わずに済みます。

重いものを買うのなら、仕方が
ないかとは思いますが…。

自分の買い物は、
カゴの三分の一程度で、だいたい
野口英世さんが3人近くで、
そう重くもないので、カゴを持って
買い物をしています。

ただ、今は、食品の値上がりが
多々あるので、食品を入れても、
カゴの底が見えるような感じでも、
野口さん2人(税込み)は、突破
していたりして…。

今年に入ってから、買い物が
下手になったと言いますか、
満足いかないのです。

これから、もっと賢くならないと、
やっていけなのに…。
それで、結構、落ち込むことがあります。
(え~、そんなことで?って思われたでしょ)

いやいや、諭吉さんをいかに生かし、
無駄にしないということをモットーと
している自分に取っては、一円の無駄が、
後から何倍もの「無駄使い」になって
しまうからです。

近頃のフットワークの悪さも、その要因の一つ。
だって、一度で用事が済むなら、一度で
済ませられたら、「燃費」や「時間」を
節約できますし…。

二度手間、三度手間が、自分には、苦痛です。
時間の使い方に、ストレスが溜まります。

自分が半世紀を過ぎたら、もっと大事に
使おうと考えています。

介護で十年…、
介護していない方には、気が遠くなるような
時間しれないてすね。
だけど、当事者にとっては、ちっとも長くない、
毎日が一生懸命で、自分にとって、
あっという間でした。

なんか、社会生活より、介護が長くなりそうです。
でも、在宅介護って、スキルは出来ないけど、
次から次へと、予想外の事が突然あったりして、
臨機応変に対応出来ていたこと、介護をしてなかったら、
社会福祉とかのご縁もなかったし、、
学ぶことも多いし、何より自分の葛藤も抑え込みが
出来ましたし…、こんな人生も良かったかも。

介護している間、望むのはただひとつ。
以前にも、お話しましたが、どうか、
1週間でも、父より長生きさせて欲しいことだけ。

自分は、父の事を外で
「父を¨介護¨しています」って言うことが、
苦手と言うか、ヘンな感じがして、いつも
「父の身体が少し不自由なんで、一緒に過ごしています」
と言った具合です。

だって、他の方から自分を見たら、
「それのどこが介護?」って思われるかも。
自分以上に、大変な介護をなさっておられる方も
大勢いらっしゃるのに…
自分なんて、おこがましい限りです。

いろんなものが、肩に伸し掛かってますけど、
目の前の事が現実。

今日なんて、延々と「草むしり」して、
畑の地面に植え付けてあった「植物」を
可哀そうですけど、みんな、掘り起こして、
断捨離しました。
持ち主がいなくなっても植物は、伸びますから。

とにかく、全部を綺麗にしておきたいです。
何があったとしても、困らないように。

あぅー、日焼けしちゃったかも~っ。
今の時期って、紫外線が強いんですってね~、
いやぁ~んっ!

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント