泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 1時間の
2019-08-04 (Sun) 13:24

1時間の

格闘の末に、根っこから伐採。

早朝から、自治会の奉仕の後、
前々から、道路側に生える樹木が邪魔で、
午前中の暑い中、大奮闘。

根っこが、かなり奥深くまで根付いていて、
なかなか抜けないったら。
結局、深さ50cm以上、掘りまくって、
本体は、やっと抜けました。
でも、細い根っこが抜けず、どこまで
地中深く張っているんだか。
1時間で、もうヘトヘトになってしまって、
諦めました。
やめやめっ、こっちが、干乾しになっちゃう。
家の中に入って、麦茶をがぶ飲み。
汗が止まらないったらない。

はぁ~~、植物っていうか「樹木」を
植えるのが間違いの元!!
(うちのお話です)
手入れできなくなったら、それこそ大変。

手入れができるひとや、
持ち主がいなくなったところで、
ほっといても、木々は、伸び放題に。

1年であっという間に、伸びまくりです。
以前より、ずっと父に手をかかるので、
自分も、そっちに手が回せなくなってます。

今日、根っこから抜いたのは、
トゲのある「茱萸」(ぐみ)木、
枝をはらうにも、切るとき、痛いったらない。
これ、成長が凄く早くって
あっという間に、枝を伸ばすんですよ。

グミといえば、幼いころ、食べた記憶も
ある方もいらっしゃるかも。

切った茱萸の木…
毎年、真っ赤な「実」をたわわになっていました。
でも、食べ事は一度もないです。
もちろん食べられるんですけど。

あぁ、勿体ないと思われる方もいらっしゃるかも
しれませんが、今後は、手入れが出来ないので、
自分も可哀そうだと思いつつも…ばっさり。
とにかく、家の周囲も綺麗にしておかないと、
もうボロ屋がさらにボロ屋に見えますし…。

ケアさんが、自分にいろいろと聞かれ、
「全部ひとりで背負う形になったね」と
言われたけど、それは、自分だけじゃない、
ひとり介護してるおうちは、みんなそう。
特に「身内」に恵まれてないと、さらに悲惨です。

あぁ、シンプルなおうち、
お部屋がいいに決まってます。
家のごちゃごちゃが、もういや!!
自分は、小さくてもせまくても
「シンプル」で過ごせればそれだけでいいのに…。、

余談…あくまでも「独り言」です。
とあるネット記事で、ご主人の
年収諭吉さん700人があり、
相談者さんが「預金がない」のに、
一戸建が欲しいけれど、
今後の生活が不安です…って…おいおい、
諭吉さんに、どんなにザルなんだろうって。

自分だったら、旦那様を補佐して、
不自由させることなく、一年間、
400人を預金に回せる自信あるなぁと…。

あぁ、こういう男性とのご縁がなかった
自分がいて、
諭吉さんをザルのように使って、計画性も
預金も全く出来ない奥さんがそういう方と
結婚が出来て…なんだろうなぁ…。
まったくもって、世の中、上手く出来てるわ~。
んっ、んんんっ、独り言ですから、さらっと~。

明日からも、せっとせまた「草むしり開始」です。
家の前が、そりゃ凄いことになってまして、
膝近くまである長い草もあるし…。

お盆まで、とにかく綺麗にしましょ。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント