泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 撮り鉄さんたちに
2019-08-25 (Sun) 21:08

撮り鉄さんたちに

混じって、新幹線を見てました。

え~、またなんで。

何新幹線かと書いちゃうとバレちゃうので、
内緒ではありますが、撮り鉄さんの「熱」は
凄いですね~。
新幹線が通る度、カメラのシャッターの音が
まぁ、凄いったら。
この暑いのに…お疲れ様です。

自分は、ぼーっと見てただけ。

いえ、友人に
「この前から、何をそうもイライラしているのか」と、
言われて、頭を冷やしに行ってたのです。
だから、なんで新幹線なのかって話ですよね。

ただ、なんとなく…見たいなぁとフラリと。

新幹線が来た!!と思ったら、あっという間に、
過ぎて行っちゃう。
なんか、自分の人生もこんなふうに、
過ぎ去って、終わるんだろうなぁと…とか、
自分としては、「おセンチ」気分でした。

わかっているんです、何に対して
「イラついて」いるのかは…。
確かに「根本的な」ところを処理しないと、
これは、静まらないかも。

時々、何もかもが嫌になる時があり、
自分もひっくるめて、フェードアウトしたいって、
思うことも。

上り、下りが、何本も行き来している新幹線を
何もせず、ただ眺めているだけの自分を
撮り鉄さんにとっては、ヘンに思われたかも。

しばらく見ていて、お邪魔になりそうだったので撤退して、
いつもなら、「王様の耳はロバの耳~」と
叫んでた橋から、言いたいところでしたが、
今は、「釣り人さん」がいるので叫べず…。

何を叫びたかったか…、いえ、いいです。
これを言うと、その職についておられる方が
間違いなく「不愉快」になられるから。

いつまでたっても、棘が抜けない、
何をどうしようとも…自分の中で゜消費しようとも
出来なくて…、草むしりの途中でも、
ムカムカした気分で過ごしていて、吐き気も
止まらずに、それで「あのザマ」ですよ。

わっはははは。

故郷が一番とか言うけど、自分にとっては、
やっぱり「ここ」は、好きじゃないんだと
改めて、思わせてくれたところです。

お家に帰ってくると、もう現実があって
うだうだ言ってる場合じゃないっ。
今月中に、病院への書類を提出しなきゃなんないわ、
社会福祉、センター、ノンストップです。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント