泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 盗み食いの
2019-09-18 (Wed) 21:13

盗み食いの

疑いをかけてられてます、父に。

こんばんは。

さっき、父の部屋に入ったら、
普段、お菓子を入れているカゴが
飛んできて、自分の頭にスッコーンと
クリテイカルヒット。
なんなのよ、全く…。

昔、ものを投げたら、平手打ちと共に、
「投げるとは、何事だ!!」って。
怒鳴ったくせに。

テーブルに足を、尻を乗せるな。
(座るなってことです)
頭を乗せるものに、足を乗せるな
(枕とかですね)、
ほかにも、ごちゃごちゃと…
自分は、それはしなかったですよ。
行儀か悪いですから。

しかし、それ、当人が言ったこと、
今、やってますけど? 
都合よく、すっかりお忘れのご様子。
でしょうねぇ。

…で、カゴがすっ飛んで来た理由は、

「菓子がない」

は? 

「そりゃ、食べたからでしょうに」
「もってこい」
「今月のお菓子雑費は、ありませんから。
 昨日、チョコパイ作ったでしょうに」
「とっとと作れ」

「材料がないから無理」

「なんでないんだーっ」

訳が分かりませんけど。

買い物へも行ってないし、たとえ、
お菓子を一週間分と購入してきても、
「カゴに盛った分だけ食べる」
その日には、ないわけですよ。

「おまえが盗み食いをしているだろ」とか
言い出すし…はぁ? 

お菓子を隠しているとでも? 
あったら、出して差し上げますわよ。

この前なんて、
ポテチの袋を四袋を置いといたら
午前中には、なかったからですね~。
ほかには、菓子折りのお菓子も
その日に、なくなってましたから。
(ぐんまちゃんクッキー、全滅…
 一口も入らなかった…
 置いといた自分が悪いんですけど)

ほっとくと、1日中、食べてます。

お菓子があったとしても、あるだけ
置いておくわけには、いかないのですよ。

父が休んだ後、食べているものって、
それ、お菓子ではなくって、食事
だったりするんです。

父の食事を作った時の余り物、
キャベツの芯、人参の皮、
野菜のはしっことか、炒めたり、
焼き魚の骨を丁寧に取り除いた
皮にくっついて残った実とか、
お肉は、脂身のところ、
賞味期限が近い食品とか…
ハッキリ言って、残飯処理ですよ。

父と同じメニューの食事をしてません。
いつも、台所で立ち食いしてたり、
3分で終わらせたり、まったくもって
身体に良くない事だけは、請け合います。

お菓子ばっかり食べて、
ベッドから動かないから、ますます
中性脂肪が、さらに増えるよ!!って
言ったところで、耳も貸さないですよ。

1ヵ月の「お菓子の雑費」は、
野口さん3人内で、それ以上は、ダメ。

…にしても、この程度で機嫌が悪いって
「ガキか!!」って言いたいですわ~。

食い物の恨みは、怖いって言うけど、
ないものはないし、身体にも良くない。

飯食え、飯。(言葉が悪いですね~)

明日、買ってこいとか言うし…
そんな時間も余裕もございませんっ!!

新聞読みながら、お菓子を空っぽに
しているんですよ。
だから、美味しいとか、そんなこと、
絶対に考えてないし、味わってないですから。

他所様から、

「お菓子ぐらいいいじゃないの~
 口さみしいのよ」

って、所詮は、他人事ですから、
気楽に言うのはやめてよね~。

1ヵ月のお菓子に諭吉さん一人を
使うわけにはいかないんですからね~。

しばらく機嫌が悪そうだ。
だけど、餌は与えないのよ、お~ほほほっ。

悪魔でも鬼畜でも何とでも、おっしゃいっ。
自分の口にも入ってないんですからね。
あぅ~ぐんまちゃんクッキー…
食べたかったです。

馬と鹿ぁぁぁあ~っ。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント