泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › ほんの一分
2015-02-19 (Thu) 23:19

ほんの一分

家計簿をつけるのが苦手、面倒臭いと思ったら、
出かける前に、財布の所持金だけでも、
メモなり、付箋紙なりに日付と金額を書いておいて、
帰宅したら、また財布の残金を確認して、
それだけを家計簿に記入するだけでも
使った金額の把握が出来ます。

その日に、家計簿を書かなくても、
残高を書いたメモを家計簿なり、お買い物の
レシートなどと一緒に挟んでおいて、後から記入。
大事なのは、お金を使った日付けと金額です。

早く言えば、財布の所持金から、
その日の支出と財布の残金さえ、
合えばいいだけのことなのです。
これだけ書くだけでも、手かと…。
ざっくりと気楽にするのが一番。

これは、ものの一分もかかりませんし、
なんといっても、お金を数えるのが嫌いな方は、
まずいらっしゃらないかと存じます。

自分の家計簿の付け方は細かく書きません。
食品は、すべて食費として合計して記入。
細かい雑貨類は、すべて纏めて雑費として、
記入しているだけ。

後は、医療費、光熱費、ガソリン代、保険、税金。
これは、毎日記入することでもなく、
一ヶ月に一度、記入するぐらいですから。

支出した分と財布の残金がを計算して、
一度でぴったりだったときは、ちょっとスッキリ。

いつもいつもカツカツ状態ではありますが、
それでも家計簿を付けて、支出入だけは把握しています。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント