泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › マンモス病院は
2019-10-18 (Fri) 21:47

マンモス病院は

相変わらず、大混雑。
パーキングも既に満車。

書類の不備を訂正するのに、わざわざ
再度、出向き…って、
自分がいけないんですけどね。

いえ、介護保険申請(更新)で、
担当医師に、意見書をお願いする時、
病院での証明申込書を書かないといけなくて、
それに「介護保険証」の番号がいるのです。

はい、介護保険証を忘れたのです、
もう情けないったら。
前日、あれほど、確認したのに。
いつも、病院へ持っていくポーチに入れてたのに、
別の書類を書くのに取り出して、そのまま入れ忘れ。

昨日、病院から帰宅したら、机の上に鎮座
してましたわよ、もう~~っ自分の馬と鹿~。

あなた様方もお気をつけて下さいませ、
2度手間になっちゃいますから。

診察時、担当医師に「介護保険の申請書」の話して、
父の現在の状態を切々と伝えてきました。
もちろん、先にプリントを渡され、日常生活はどうか、
それに、チェックしていくのですけど、
それよりも、口頭で伝えた方が伝わるかな~っと…。
父の難病が進行しているのは、確かなんです。
入院する前の状態には、近づくどころか、遠のいてるし…。

家に来てくれる保健師さんとは、
別の保健師さんに、難病だと宣告されて、
どう思ったかと再度、聞かれ、自分は…
(え~、また説明するの? って感じでしたね~内心)

「なったものは仕方ないでしょう。
 父の場合は、寿命が先か、難病が先かだと
 思ってます」
「娘さんは、それでいいんですか…?」
「難病が先に進行したとしても、今まで通りですよ。
 何も変わらないですから。
 その都度、対応するだけです。
 どうしようなんて言ってたって、悩んだって、
 何も役に立たないでしょ」

あっけらかんと話したら、えっ?って顔されたけど。
どう答えれば良かったかしら?

とっても若い保健師さん、
あなたの未来が、介護とは、一生無縁で
過ごされ、仕事を全うされますようにと
願うばかりです。

病院から帰宅したら、もう眠さのピーク。
インフルエンザを持ち込まない様、
廊下で下着姿になって、シャワーへ。
Tシャツとトランクス(股ずれの為)姿で、
廊下でバッタリ…ひんやりとした感じで
目が冷めました。
時計を見ると、わすが20分の間、
深く眠っていたようです。

こんなやっていると、風邪をひきそう。
しかーし、風邪も禁物なんだ…、
自分から、父に媒介したら大変ですから。

のっ、とりあえず、通院も終わって、
介護保険申請、難病申請手続きも終わったし…
ちょっとだけ、落ち着けたかなぁ。

来週も予定がぎっちり。
ふぅ…しっかりしなきゃです。

おやすみさない、よい夢を…

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント