泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 泣きたくて
2019-11-12 (Tue) 22:38

泣きたくて

泣いたわけでもないのに、
涙が止まらないったら。

なんでもかんでも断捨離している
わけでもなく、大切なものもあります。
それは、ある車のパンフレット。

当時、その車が発売される前から、
ルックスのカッコよさに一目惚れして、
発売されたとき、ディーラーさんへ行って、
その車のパンフレットを貰ったんです。
もう買う気満々で…。

もう少しで、手が届く、一括で支払える!!
…って、ところで、ジンクスが発動。
泣く泣く諦めたこと、ディーラーの
ショールームの前で、凄く悲しい思いを
したことがあります。
それでも、いつか…中古でもいいから、
手に入れられたら、それに一度でも
運転出来たならと、そのパンフレットだけ
大切に持ってました、さっきまで。

さっきまで…って、諦めと共に
断捨離しちゃいました。
パンフレットのように、欲しいことも
いずれ色あせていくでしょう。

なぜか涙が止まらなくて。
この程度で、涙が出るんだか…。

悲しいとかじゃなくて、
頑張ったら、手が届くような感じだけと、
「あきらめろ」ってことでしょう。

年を重ねる度、向こうへ行く準備を
するように、物だけじゃなく、物欲、
望みも、希望も断捨離して行けと啓示かも…。

パンフレットを断捨離して、
キッパリ諦められます。

所詮、自分が、唯一欲しいもの、
会いたい方とも会えないジンクスが
この先も纏わりついてくれるでしょうから。

友人は、この車のパンフレットを大事に
していることを知っていますが、
聞かれることもないでしょうけど、もし
何かの拍子でたずねられたら、
間違って捨てちゃったと言うつもりです。

久しぶりに、泣いた気が~。
かと言って、感情的にないたわけでもないので、
スッキリすることはないですけどね。

自分がわーわー泣くときは、たぶんですよ。
らんちーを失ったときですね。

えっ、何か違う? 
誰か忘れていないかって?
いいんです、ほんと。
母が他界した時も、泣かなかったなぁ…。
泣いている間なんてなし、次から次へと
雑用に追われて、気が付いたら49日も
過ぎてたし…って感じでしたからね~。
それに、今では、生前の母も、
思い出す事もないし…。

大切にしてきたものも、手離しちゃうと、
どうでもいい感じ、他の物も
(そんなにないけど)
断捨離してもいいと感じました。

明日から、自分の物ももっと断捨離を
進めます。
持ってたって、仕方がないですから。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント