泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › ある日…
2019-11-15 (Fri) 21:15

ある日…

森の中…
さて、お嬢さんは、何と出逢ったでしょうか?

住んでいる地域で、連日、″それ″騒ぎで
大変な事になっていて、
とうとう…真っ昼間から、近所に出た出たーっ、
目撃情報が、町内放送されています。

空が高く、いいお天気だったので、
いつものように散歩がてらに、
お買い物に行こうとしたら、
新聞を読んでいた父が、散歩に出かけるなと
お達しが~~。

なんでよぉ~、別に大丈夫だって。
昼間から、くまさんなんて出ないって。

「出たぞ、昨日、昼間に」

ぼそっと、父。

「えっ? えーーーっ!!」
「すぐ、そこでだ」

マジかい!!

自分が、よぉ~く知っている場所で、
散歩に通ってたけど…。
田畑の真ん中で、すごく見通しが良くて
隠れる場所がないじゃん。
くまさんが? 違う違う、こっちが。

出かけるなら「鈴」持っていけ。

それでか~、近所の方が揃って、腰に鈴を
ぶら下げていたのは~~。
保健師さんまで付けておられました。

自分だけ? 
何も持たず、ぷらぷらと
歩き回っていたのって…ひぃ~~。
(気が付けよ、自分)

町の放送なんて、家の中まで聞こえないって。
何か言っている程度なんですもん。

そう突然言われても、鈴なんてないですってば。
高い空に誘われて、結局、何も持たずに、
ぷらぷらと散歩してきました。
黒い物体も見かけず、無事に帰宅。

今日のお天気と気温は、天気予報が
言うほど、気温が低くもなかったし、
風もなくて、気持ちいいお天気でした。

珍しいんですよ。
11月の中旬に、こんな気温が高くて
お天気がいい日が続くなんて。
いつもなら、どんより「曇り」が多く、
気持ちも下向気味になっちゃうくらい。

面白いもので、スーパーへ歩いて
行くことが大変で、しんどい思いをして、
最初は、遠いって思ってましたが、
何度も行く度に、「慣れ」が出て来て、
大丈夫になってきました。
しかーし、それは、今だけです。
雪が降ると、スーパーへ辿り着けません~っ。
それくらい、雪深いですから。

真っ青な高い空を見上げて…
介護なさっているすべての方に、
たくさんの恩恵がありますようにと
願わずにはいられませんでした。

自分を含めて、「願い」が叶うように
田畑のど真ん中で、空に向かって
「叶いますように~~っ」と
叫んじゃいました。

大声を出したところで、近くには
民家があるわけでもないので、大丈夫。
…って、逆に、黒い物体に遭遇しても
助けてもらえないってことですわ~。

今日も、やることが「半分」程度しか
出来なくて、ちょっとガッカリ気味。

父が休んだので、早めに寝ちゃいます~。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント