泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › こっちだって
2019-11-26 (Tue) 07:19

こっちだって

体調も、気分も、気持ちも
虫の居所が悪いときだってあるわけで…。
なんたって、いきものですから~。

おはようございます。

体調は仕方ないとしてもメンタル面。
それをどう解消するのか…。

お買い物? そんな余裕はない、
お散歩? 今は、くまさん騒動で
ウロウロ出来ないし、さらに
買い食いなんてもってのほか…。

そんな時は、フリーで楽しめるところへ。
昨日、図書館へ行こうと、儀替えをして、
フト…
あ…月曜日って休館日だというのを
思い出して、またもや着替えをして
らんちーかまかまで、過ごしていました。

今日、朝から開館時間に合わせて
行ってきます。
お薦めされた書籍もあることですし、
探して来ます。
さらに、図書館に何度も見たい「本」が
あるのです
貸し出しはされてないのですけど、
館内での「閲覧」は出来るので、
ページをめくれば、うっとりとした世界が…。

それは、「スイーツの本」しかも洋書。
もちろん読めませんけど、
以前は、そんなに気にしなかったのですけど、
テレビ番組で、お菓子を作るというもので、
それがただ単にお菓子を作るのではなく、
ビクトリア王朝で食されていたお菓子とか、
当時から食べられて愛されているケーキなどを
再現していくのです。

これを見てから、ヨーロッパのお菓子とかもっと
知りたいと思い立って、書店よりも図書館。
検索用のパソコンで、お菓子、スイーツ、
館内での閲覧可能…、出た出た…北欧の書籍など。
結構あるんだな~、てきとーに一冊手に取って
中身を見ると、それはそれは幸せな世界で、
絵本みたい、どれもこれも、美味しそう~。
・・・だけど、甘そう。

お菓子には、創作した方の名前がついていることも多く、
その背景を知ると感慨深いものがあります。
ひとせ楽しむと、今度は、普通の
「お料理本」コーナーで
一食いくらで出来るおかず、
この食材で作るなんとかとか…
パラパラとみて、自分にも何か出来そうなものは
ないかなって。

小難しい本は、もっと苛つかせる原因になるので、
動物、美しい風景などの写真集などが癒してくれます。
けれど、一番お薦めなのは「スイーツ本」ですっ。
見ているだけで幸せ~なひと時になります。

諭吉さんをかけずに、凝り固まったメンタルを
解しましょ。

さてさて、お出かけの準備をしましょ。

お出かけなさる方、気を付けて
行ってらっしゃいませ~。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント