泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 解約決定
2019-12-01 (Sun) 18:35

解約決定

しばらく使っていない銀行口座。

こんばんは。

個人番号制度が出来る前に作った都市銀の口座。
そもそもなんで、こんな不便な口座を
作ったんだろうと…はて?

あ…思い出した、とっても卑しい、
これこそ、捕らぬ狸の皮算用ですよ。
また宝くじの話? まぁまぁ、馬と鹿話だから、
さらっと流して下さい。

もしも高額当選したら、いくつかの口座に
振り分けようと思って作ったんでした。

は・・・・? 本当に? それだけで?

あはははは、もう馬と鹿でしょ? 
やってられないでしょ、ここまで、おつむが
ノーテンキだと思わなかったでしょ。

友人に意気揚々とそれを話したら、
おなかを抱えて、大笑いされ、
「そんな理由で口座を作るの、アンタだけだよ」
…ってね。

いつから使ってないのかなぁ。
口座には、野口さん一人も入ってません。
使わない口座は、解約しないと。
でも、これは、自分のですから、
身分証明を出して、キャッシュカードと
ネットでの振り込み情報が入ったカードを
返せばそれでおしまい。

しかーし、父の口座を解約しようものなら、
大変で、これで、どんなに不愉快な
思いをしているか…。
委任状なんかで終わらない、電話で確認も
出来ないんですよ。

以前、お話しましたが、諭吉さん3人が
残ってた口座を解約するのに、本人でないと
出来ませんの1点張り。
保険証には、世帯主の名前が入っているし、
免許証、父の保険証にと提示しても
認められず…。

身体が不自由なのに「窓口」へ連れてこいとか
言うんですよ。

ここで、キレまして…冷静に静かに…

「そちら側にも、規則っていうのはわかるけど、
 もし、あなたの親が寝たりきりで、そう
 言われたら、どんな気分になるか考えてみて」

結局、どうしたかって、自宅に電話かけて
もらって、父に言ってもらいました。

それで、なんとか「解約」
でも、そこの銀行員のおねえちゃん、
まだ納得してない顔で睨みつけられましたっけ。

逆に言うけど、連れてきたのが、父だと誰が
わかるわけ? 見たことないでしょうに。
身内の誰かだったりしたら、どーすんのよ。

でもさ、自分の保険証に免許証、
父の保険証と…誰が持っているっていうのよ。
実の娘でさえも、こうも苦労しているのに、
お嫁さんの立場だと、もっと大変かも…
大丈夫でしょうか…。

ほんと、使わない口座を作るのって、馬と鹿~。
しかも、一生そんなことがないようなことで…。
今月中に解約です。

お引越ししたら、都市銀の口座を
持ってた方がいいのかなぁ。
お馬さんの県では、どの銀行が良いのでしょ。
地元銀行? 帝都へ行くなら、都市銀行が
あった方が便利だし…。

…って、その前に、口座に諭吉さんがあるのが
前提でしょうに、全くないのに…ねぇ。
悩むところが違うって、友人に言われそうです。

ちなみに、ネットバンクは、一切、
使っていません。
それこそ、自分に何かあったら、誰も
わかんないですから。

早速、手帳に記入しておかなきゃ~
気が重いけど…。

今夜もすぐに寝ちゃいます。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント