泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › 無用の長物
2015-03-16 (Mon) 14:20

無用の長物

どうしても断捨離出来ないものがあり、
自分の部屋の片隅に、それに布地をかけて、
ひっそりと佇んでン十年の物…。

それは、アパレルとかで使用するトルソー。

とっとと断捨離すればいいものを。
未練がましさと過去を断ち切れない自分。

そうかと言って、それを見ると胸が
締め付けられる思いになる。

自分の夢と直結していた唯一のものだから。

このトルソーは、過去にテーラーを目指した時から
側にあり、このトルソーと一緒に修行して、
ずっとこの仕事が出来るものだと思っていたけれど、
介護で、夢がポッキリと折れてしまい、
職場を離れる時、このトルソーも一緒に
引き取って来ましたが、それが間違いだった。

処分してもらえばよかった。
そしたら、こんなに未練がましい思いをせず、
すっぱりと諦められたのかも。

何度も何度も、断捨離しようとして、
その姿を見ると、その都度、涙が出て止まらない。
持ってたって、仕方のないものなのに。

介護などで、夢も、職場も、結婚も断念せざる方も
おられるんだろうなぁと…自分だけじゃない、そう。

このブログを更新出来ている期間には、気持ちも整理して、
このトルソーを断捨離したいと考えています。

今の自分には、無用の長物ですから。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by 待つ子
いつもお邪魔させていただいています。
私も、20年前に亡くなった母のトルソーを、やっと処分する気持ちになって、オークションに出しました。使っていただけるだけでよかったので、ほとんど無料でしたが、後で他の方の値段を見て…ちょっと後悔してしまいました。(笑
私も箪笥をバリ(?)と、のこぎりを使って処分しましたよ!。同じ事をしている人がいてとても心強くなりました。40リットルゴミ袋で5枚でした。大変だったのは、ゴミステーションが遠かったこと!
でも、よかった。ここで言えて。他では言えなくて (笑
これからも更新楽しみにしています!

* by アン
***************************************
待つ子さん
いらっしゃいませ~、初めまして。
昔も今も、トルソーは、決してお安いものではないかと
思いますけれど、トルソーが欲しい方は、限られますから、
使って頂ける方の元へ行ったのですね。
大事に使われておられますよ、きっと。
箪笥の断捨離、お疲れ様でした。
ゴミ袋に入れるくらいの大きさに切って、
さらに、それをゴミ袋に詰めて捨てに行かれた
ご苦労と大変だった事がとってもよくわかります。
自分は、まだローチェストがあったりで、
もう少し暖かくなったら、また断捨離です。
大きな家具でも自分で断捨離が出来て、
ゴミ袋に収まるものは、手間を惜しまずに始末します。
本当に大変ではありますが、家にいる時間が長いですから。
どうぞどうぞ、このような場所でよければ
またお話して言って下さいな(*^v^*)
アン

* by ルビー
アンさま
今晩は。
トルソーって、洋服を着せる首から下の人の形の・・・ってしつこいですね。
多分合ってるかな。
実は私も持ってるんですよ!アンさんとの共通点見つかりましたね。
私はド素人ですが洋裁が大好きで、トルソー欲しいなってずっと思っていたのですが、10年ほど前に、駅ビルの中のお店が閉店セールをやっていて、お洋服と一緒にトルソーや鉄棒のようなハンガーなどにも値札が付ていたのですぐに飛びついてしまいました。
高さを1番低くして、ポールの部分とボディの部分に分けて、大きな紙袋を2つ、娘と抱えて帰りました。
以来、自室の隅に鎮座しています。
胸や肩には、マチ針を打った跡があったり、全体がシミっぽかったりといかにも活躍していた感じで、置いてあるだけで何だかデザイナー気分、うきうきしてしまいます。
翌日着るものをアイロンがけした時など、着せていますよ。
同じ品物でも、それぞれに持つ人の思い出や思い入れがありますね。
アンさん、テイラー志望でしたか、素敵ですね。近かったら、いろいろ教えていただけるのにね。
一線で活躍するテイラーでなくても、専門知識のある人がアドバイスしてくれるお店があれば助かりますね。
お時間ができたら、そういうお仕事もいいかも知れません。ド素人の私でさえ、あこがれてしまいます。
アンさんとの共通点、まだ見つかるかもね、楽しみです。

* by アン
***************************************
ルビーさん
ここ、数日、ドタバタしてお返事が出来なくって
ごめんなさい。
トルソーをお持ちなのですか。
身近に、トルソーをお持ちの方がいらっしゃるとは
驚いてしまいましたが、嬉しいです。
トルソーって何?と思われる方も多いので、お話は
控えていました。
だって、ご自宅に、トルソーがあるというのは洋裁関係、
あるいは、洋裁が好きで、普段から製作なさっているか、
ほんとに限られたものですから。
トルソーは、多種多様なものがありますが、
自分のは、裁縫専用なので、まち針挿し放題。
ルビーさんのトルソーも、まち針の後があるということは、
裁縫用ですね。
お店から持って帰られる時、大変だった事かと存じます。
大きさとか、重さを知っていますから。
裁縫の他に、アイロン台としても活躍なさっているご様子に
そのトルソーが大事に使われていることが伝わってきます。
自分のトルソーは、ずっと埃よけの布地が被っていますから。
これを見ると、いろいろな事が蘇り、すべてが途中半端で
夢叶わずなトルソーと思ってしまいます。
だけど、ルビーさんのお話を伺って、そう無理に、今すぐに
断捨離しなくってもいいかなと思い始めました。
トルソーが欲しい方がいらっしゃること、
洋裁が好きな方にとっては、トルソーは憧れと同時に
デザイナー気分にもさせてくれる位置にあるということ…
自分にとっては、当たり前の光景でしかなかったので、
ルビーさんのお話で、トルソーの見方が変わりました。
いつかトルソーに纏わる自分の背景を書くことが
出来たなら、スッキリすると思います。
そしたら、このトルソーとはまた新しく始められるかも
しれません。
いえいえ、ルビーさん御自身が洋裁をなさっておいでですから、
自分の出る幕はないかと思いますけれど、ご近所でしたなら、
半人前ではありますが、無駄に知識と技術は残っているので、
少しはお役に立てたかもしれません。
トルソーを直視して、もっと前向きに取り組んでみようと
いう思いにさせて下さって、ありがとうございました。
もしかして、ここに答えが見つかるかもしれません。
アン

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

いつもお邪魔させていただいています。
私も、20年前に亡くなった母のトルソーを、やっと処分する気持ちになって、オークションに出しました。使っていただけるだけでよかったので、ほとんど無料でしたが、後で他の方の値段を見て…ちょっと後悔してしまいました。(笑
私も箪笥をバリ(?)と、のこぎりを使って処分しましたよ!。同じ事をしている人がいてとても心強くなりました。40リットルゴミ袋で5枚でした。大変だったのは、ゴミステーションが遠かったこと!
でも、よかった。ここで言えて。他では言えなくて (笑
これからも更新楽しみにしています!
2015-03-16-16:14 待つ子 [ 返信 * 編集 ]

***************************************
待つ子さん
いらっしゃいませ~、初めまして。
昔も今も、トルソーは、決してお安いものではないかと
思いますけれど、トルソーが欲しい方は、限られますから、
使って頂ける方の元へ行ったのですね。
大事に使われておられますよ、きっと。
箪笥の断捨離、お疲れ様でした。
ゴミ袋に入れるくらいの大きさに切って、
さらに、それをゴミ袋に詰めて捨てに行かれた
ご苦労と大変だった事がとってもよくわかります。
自分は、まだローチェストがあったりで、
もう少し暖かくなったら、また断捨離です。
大きな家具でも自分で断捨離が出来て、
ゴミ袋に収まるものは、手間を惜しまずに始末します。
本当に大変ではありますが、家にいる時間が長いですから。
どうぞどうぞ、このような場所でよければ
またお話して言って下さいな(*^v^*)
アン
2015-03-16-17:25 アン [ 返信 * 編集 ]

アンさま
今晩は。
トルソーって、洋服を着せる首から下の人の形の・・・ってしつこいですね。
多分合ってるかな。
実は私も持ってるんですよ!アンさんとの共通点見つかりましたね。
私はド素人ですが洋裁が大好きで、トルソー欲しいなってずっと思っていたのですが、10年ほど前に、駅ビルの中のお店が閉店セールをやっていて、お洋服と一緒にトルソーや鉄棒のようなハンガーなどにも値札が付ていたのですぐに飛びついてしまいました。
高さを1番低くして、ポールの部分とボディの部分に分けて、大きな紙袋を2つ、娘と抱えて帰りました。
以来、自室の隅に鎮座しています。
胸や肩には、マチ針を打った跡があったり、全体がシミっぽかったりといかにも活躍していた感じで、置いてあるだけで何だかデザイナー気分、うきうきしてしまいます。
翌日着るものをアイロンがけした時など、着せていますよ。
同じ品物でも、それぞれに持つ人の思い出や思い入れがありますね。
アンさん、テイラー志望でしたか、素敵ですね。近かったら、いろいろ教えていただけるのにね。
一線で活躍するテイラーでなくても、専門知識のある人がアドバイスしてくれるお店があれば助かりますね。
お時間ができたら、そういうお仕事もいいかも知れません。ド素人の私でさえ、あこがれてしまいます。
アンさんとの共通点、まだ見つかるかもね、楽しみです。
2015-03-19-01:12 ルビー [ 返信 * 編集 ]

***************************************
ルビーさん
ここ、数日、ドタバタしてお返事が出来なくって
ごめんなさい。
トルソーをお持ちなのですか。
身近に、トルソーをお持ちの方がいらっしゃるとは
驚いてしまいましたが、嬉しいです。
トルソーって何?と思われる方も多いので、お話は
控えていました。
だって、ご自宅に、トルソーがあるというのは洋裁関係、
あるいは、洋裁が好きで、普段から製作なさっているか、
ほんとに限られたものですから。
トルソーは、多種多様なものがありますが、
自分のは、裁縫専用なので、まち針挿し放題。
ルビーさんのトルソーも、まち針の後があるということは、
裁縫用ですね。
お店から持って帰られる時、大変だった事かと存じます。
大きさとか、重さを知っていますから。
裁縫の他に、アイロン台としても活躍なさっているご様子に
そのトルソーが大事に使われていることが伝わってきます。
自分のトルソーは、ずっと埃よけの布地が被っていますから。
これを見ると、いろいろな事が蘇り、すべてが途中半端で
夢叶わずなトルソーと思ってしまいます。
だけど、ルビーさんのお話を伺って、そう無理に、今すぐに
断捨離しなくってもいいかなと思い始めました。
トルソーが欲しい方がいらっしゃること、
洋裁が好きな方にとっては、トルソーは憧れと同時に
デザイナー気分にもさせてくれる位置にあるということ…
自分にとっては、当たり前の光景でしかなかったので、
ルビーさんのお話で、トルソーの見方が変わりました。
いつかトルソーに纏わる自分の背景を書くことが
出来たなら、スッキリすると思います。
そしたら、このトルソーとはまた新しく始められるかも
しれません。
いえいえ、ルビーさん御自身が洋裁をなさっておいでですから、
自分の出る幕はないかと思いますけれど、ご近所でしたなら、
半人前ではありますが、無駄に知識と技術は残っているので、
少しはお役に立てたかもしれません。
トルソーを直視して、もっと前向きに取り組んでみようと
いう思いにさせて下さって、ありがとうございました。
もしかして、ここに答えが見つかるかもしれません。
アン
2015-03-21-16:04 アン [ 返信 * 編集 ]