泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › 年に一度だけ
2015-03-21 (Sat) 16:46

年に一度だけ

足の痛みもやっと和らぎ、一年に一度の
恒例行事が出来て、良かった良かった。

それは、「おはぎ」作り。

早朝からせっせと小豆を炊いて餡子作り。
次に、ゴマを煎って、すり鉢でごりごりとすりごま作り。
最後に、きなこをプライバンで軽く煎って、
お砂糖と塩少々で味付けして準備万端。

もち米が炊き上がり、熱々のうちに半分潰して、
最初に「餡子」の中にもち米を投入して、
次に、ゴマ、きなこと…、合計60個近く出来ました。

一体、もち米をいくら炊いたの?って感じですが、
10合です、普通のお米ともち米を混ぜています。
もち米だけだと、どうしても時間が経つにれて、
固くなるのが早いのです。

出来たてホカホカを、すぐにご近所にお裾分け。
昔は、母がおはぎを作った時も、よくお裾分けしていました。

ご近所の方は、母のおはぎの味を覚えて下さって、
自分の作ったおはぎも、母と同じ味だと言って下さいます。
それが、何より嬉しいです。

母から教えてもらったことはなく、おはぎを作るときは、
とにかくいつもお手伝いをしていたら、いつの間にか
覚えてしまいました。

美味しく作れるようになってからは、母は、毎年、全部自分に
作るのを任せてしまい、母が作ったおはぎ、最後に食べたのが、
もういつだったのか…。

出来たてのおはぎは、もうあったかくってやわらかくって、
美味しいんです、とっても。
だから、熱いうちにお裾分けします。

毎年、1年に一度、春分の日だけに作るおはぎ。
これだけは、母の味。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by しろうさ
なんて素敵!
お母さま 直伝のおはぎですか!
もう、アンさんのご近所にお引っ越し
決定です~~!
お皿持って お邪魔しますね!

* by アン
***************************************
しろうささん
お返事が遅れてごめんなさい。
ご近所のお引越しなさったら、冬の間は、
朝昼晩問わず「雪かき」付きになっちゃいますけれど、
よろしいでしょうか~(*^v^*)
唯一、母の味を受け継ぎました。
出来たてのおはぎは、アツアツトロトロなんですよ。
いつか「おはぎ屋」さんでもしようかと思ってたりします。
アン

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

なんて素敵!
お母さま 直伝のおはぎですか!
もう、アンさんのご近所にお引っ越し
決定です~~!
お皿持って お邪魔しますね!
2015-03-24-13:12 しろうさ [ 返信 * 編集 ]

***************************************
しろうささん
お返事が遅れてごめんなさい。
ご近所のお引越しなさったら、冬の間は、
朝昼晩問わず「雪かき」付きになっちゃいますけれど、
よろしいでしょうか~(*^v^*)
唯一、母の味を受け継ぎました。
出来たてのおはぎは、アツアツトロトロなんですよ。
いつか「おはぎ屋」さんでもしようかと思ってたりします。
アン
2015-03-28-17:27 アン [ 返信 * 編集 ]