泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 着替えは
2020-01-22 (Wed) 22:14

着替えは

一番のリハビリ。

こんばんは。

父は、上半身は動くのに、
面倒くさくなると、着替えもしない。
こらこら…。
ますます身体が動かなくなるよ。
父の難病は、いずれ身体も動かなく、
さらに、バランスもとれなく
なるかと思います。

しかーし、それは、ずっと先!

パジャマのボタンも大きいものなのに、
出来ないと…出来るのにしない。

お菓子の封は、とっても
器用に開けるのにねぇ…。

自分が当たり前に着替えしてますけど、
父のように身体が不自由だと、相当、
しんどいのはわかります。
ですが、時間をかかっても、少しでも
身体を動かしてほしいのです。

担当医師とお話しましたが、
父の難病については、これが直接の
原因で「死」に至ることはなく、
高齢者の場合、
「肺炎」「糖尿病」他の病気などによる、
合併症によるものだそうです。

以前にもお話しましたが、父の場合は、
病気が先か寿命が先か、または、同時か…
それはわからない。
けれど、高齢の身ですから、いつ、
どうなってもおかしくはない状態です。

けれど、病気もそうですが、何と言っても
「ストレス」だけは、かけさせないよう
そんな生活を目指す…っていうか、
普段から、ストレスになるような雑音、
心が落ち込むようなことは、一切、遮断です。

自治会の事もです。
「お父さんにも話を聞いて欲しい」と
言われても、もう既に十年前から、
現役を離れてますので、自分が全部
お話を受けますからと。
自分じゃ話にならないというのなら、
話さなくて結構ですと…ピシャリ。

自分もそうですが、「ストレス」が
心身ともに病気の引き金になることだけは、
間違いないです。

だけど、思い出します。
今では、こうやって、自分のこっ恥ずかしい
話とか、いろいろとブログで書けていますが、
当初は、相当、ストレスだったことかと。

今は、どっかーんっと行く前に、
ストレスをどう逃すか…
これは、自分でメンタルの部分も
修復出来るようになっているので、
そうも簡単に爆発はしませんけど。

ストレスは、要介護者も介護者も
どちらにとっても、よくないです。
それが、お互いが作り出していたら、
もっと最悪かも…。

自分と父の間の距離ですけど、
上手く取っているつもりです。
こっちも干渉されたくもないし、
父もです、たぶん。

さてさて、父も休んだことですし、
今夜は早めに寝なきゃ…。
夕べの睡眠時間は、2時間でした。
我ながら、よく保ててるわ~。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント