泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 本年初めて
2020-01-03 (Fri) 07:13

本年初めて

財布の口を開きます。

おはようございます。

洗濯していて、どうしても必須なのが
「ウタマロ石けん」と「漂白剤」です。

父の洗濯物には、何がなんでも「漂白剤」が
いるので、残り僅かになり、切らすわけにも
行かず、仕方なくドラックストアで買い物です。

いつもなら、密林で「業務用」を3つぐらい
購入していたのですけど、今日明日は、
間に合いませんから。
あ~ぁ、10日まで出る予定はなかったのに…。
こればっかりは仕方ありません。

あっ、そうそう、ピンポイントで汚れを
落としたかったら「ウタマロ」石けんがお薦め。
ほんと良く落ちますよ。

今朝も当然、洗濯中。
父のシーツは毎日取り換えですし、さらに
その上に、敷いていているバスタオルも交換。
朝の身体拭きホットタオルに、着替えに…と
カゴいっぱいですからね~。

あぅ、今日こそは、昨年のトータルを出さなきゃ…
いつもなら、31日に1年間分のレシートと
家計簿と睨めっこなんですが、
流石に疲れてしまい、電卓の打ち間違えしまくりで、
ダメでした。

昨年の家計簿なら、別にトータルを出さなくてもと
思われがちですが、纏めると見えてくるものがあり、
本年の生活費の基準として、支出を控えたりできます。

スーパーで買い物をしていて、ぽいっとレシートを
捨てている方が多いこと…、あぁ、家計簿なんて、
付けなくても生活が出るんだなと思ってしまいます。

1年分のレシート、一体何枚あるのやら…、
そう買い物した覚えやつもりがなくとも、
分厚くなったレシート束が物語っています
買ったでしょうに!ってね。

お勤めしている時は、つけなかったんですよ。
欲しい物はなかったし、物が増えるのも
嫌だったし、ほぼ「公共料金」「食費」以外、
(食費と言っても、超テキトーでした)
使わなかったので、お給料の半分は、
繰り越していましたから。
預金するとか、全くとしなかったです。
自然に貯まってましたけど、今は、
そんなことが「まるで夢」だった気がします。
(自慢ではなく、欲しいものがないとそんなものです)

それが、今では毎日、1円、10円が勝負で、
100円ともなると、買うものを真剣に
悩んだりしています。
お財布から、100円もパッと出せない現状。
・・・・なのに~、消費税10円って…
キツいですってば~~。

まっ、本年は、昨年以上に、
極力、物を買わない、ないならないなりに
生活をしていこうと考えています。

父が年を重ねる度に、さらに「雑費」が
増えている状態ですし…。

だからと言ってですね、
心まで「出し惜しみ」するのだけは避けたいです。
余裕がなくなると、どうしても視野が狭くなり、
相手を労ったり、思いやることが
出来なくなりますから。

その反面教師が、今の友人です。
ほんと、薄い氷の上を一人歩く姿は、
見ていられませんから。
自分は、ただひたすら、氷が割れないように、
薄いところをフォローしてあげたいだけ。
ほっといてと言われれば、そっと見守るだけです。
こんな自分、うざいかなぁ…とも思うんですが。

あっとと、ちゃんと「距離」は取りますよ。
いくらなんでも…。
気持ちを押し付けられるほど、「嫌なもの」は
ないですからね~。

さてさて、洗濯機がお呼びですわ。
何時ごろ、ドラックストアに行こうかな。

お出かけなさる方、帰省なさる方、
お見送りなさる方、お気をつけて~。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント