泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 良かれと思って
2020-04-07 (Tue) 07:11

良かれと思って

やったことって、まず″裏目″でしか
出ない事。

おはようございます。

父がシャリシャリと食べてました。

「角砂糖」

えっ? 角砂糖って、あの四角い砂糖?
そうです、それ、さっき、知ったんです。

以前、ベッドにインスタント珈琲の粉やら
なんやら、こぼすから、スティックコーヒーに
代えたというのをお話しましたけど、
その時に、お砂糖も角砂糖に交換。

スティック珈琲は、ブラック? 
いえいえ、ちゃんとミルクに砂糖が
入っているタイプです。
父が言うには、ちっとも甘くない!!とか
言い出して、角砂糖も用意したんです。

少し前から、スティック珈琲が
減らない割には、角砂糖の減りが
半端ないなと思ってたんです。

…で、父の部屋に入ったら、
サイドテーブルに、角砂糖がなぜか
砂糖入れから出てたので、ん?
何で出ているんだろと思いつつ、
らんちーをかまかましていたら、
父が、角砂糖に手を伸ばして、
食べてるのを見た!!

「ダメでしょ~、何食べてんのよ」
「落雁と一緒だ!」
「ちがーう!!」

まぁ、父に何をいったところで、
真珠にぷーちゃん、馬さんの耳に念仏ですから。

「ダメでちゅよねぇ、ねぇ、らんち~」

チュ~っと顔を寄せたら、露骨に避けられ、
自分が玉砕されてどーする!?

角砂糖にして、少しは良かれと思ったのに、
はい、裏目。
スティック砂糖に替えたら、封を切るのに
苦労して、次の瞬間、投げられそうだ。

う~ん、いつも思うんですよ。
こっちが良いだろうと思うことって、
ほぼほぼ、″良くない″ってこと。

こっちが、思ってない事、想定外な事を
しちゃうから。
だからと言って、それを言うと
(自分は、諦めますけど)
さらに逆効果で、ますます″意固地″に
なってしまって、天邪鬼状態に。

…で、ほっとくことにしました。
だって、どう言っても「やる」でしょうから。
お菓子カゴには、キャンディやらなにやら
入れまくってあるのですけど。

父は、何をしようとも、らんちーには
「人の食べるもの」は絶対にあげないでと
釘を刺してありますが、それは、要らない忠告
だったようで、おまえの方が過剰に
構い過ぎて、ストレスになるだろと…
…は、はい…以後、気を付けます。

今朝、四時半に「ゴミ捨て」に行ったのですけど、
改めて、思いました。
もうこんなに明るいんだ~と、明星の星を見て、
季節は確実に変わっている…ウイルスが
広がっていても、空だけは、何も変わらない。
連なる山々から、昇る朝日に感動。

さぁ、今日もいきまっしょっと言う
思いにさせてくれるお日様。

後から、らんちーにも、廊下でぽかぽか
させてあげましょ。

お出かけなさる方、気を付けて
行ってらっしゃいませ~。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村


最終更新日 : 2020-04-24

Comment







非公開コメント