泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 触ったら
2020-05-02 (Sat) 07:51

触ったら

わかるって~。

おはようございます。

父が起きた直後、すかさず検温をするのですが、額に手を当てたら
熱があるかどうかぐらい、すぐにわかるっていうのに、信じないし、
「わかるわけないだろう」とか言い出すし…。

仕方ない、体温計で測りますか…待つことしばし、ほら~ないって。
はいはい、次は、血圧血圧~、腕出して~、、
「いちいち声にしなくていい!」
「しないと拒否するわ、いきなり触ったら怒るでしょ」
はい、血圧も正常です。
次は、ホットタオルで顔を拭いて、首拭いて~、シャツを脱がして、
身体を拭き拭き…はい、これが朝の起き掛け日課です。

ホットタオルで首元や顔を拭いてあげると、さっぱりするので
してあげて下さいな、気持ち良く過ごさせてあげられますよ。

ここのところ、思うことは、父の難病が進んでいるのがわかります。
身体が強張り、動きづらいと…特に起き掛けは、ひどいものです。
父も不安がある模様ですが、「息をしているでしょうに~」と明るく、
いや、先がどうなったところで、父は、高齢ですから…。
それにです、たかだか10年ちょっとの介護なんて、
ひよこぉ~ひよこ~ぴよぴよぴよ。

でも、ひとつだけ言えるのは、大変を通り越して、何が大変なのか
わからなくなってます~というか、意識してません。
そうも、いちいちしていたら、疲れちゃいますから。

父の介護より、行政での「手続き申請」の方が遥かに大変で
「不愉快千万」なことが多すぎ。
こっちは、ただ「申請」に来ただけなのに、なんで眉間に皺を寄せられ、
面倒なのが来たとか言う顔をするしぃ~、今まで、すんなり
行ったのは、「難病指定」の手続きで、厚生センターの皆様が
とっても「優しかった事」ぐらいですわ。

なんといっても、うちに来てくれる保健師さんが「超可愛い!」
無理強いしないし、とっても親身になってくれるし、どこかの
誰かと違って…。
でも、今、このセンターは、ウイルスのことで、大変なことになって
いらっしやるのがわかります。
もちろん保健師さんも…、当分、これが収まるまでは、訪問もなしです。

…あの、今までに気が付きました? 
自分がなぜ″ウイルス″としか書かないわけを…わざとやってます(確信犯)
いえ、その名前って、結構、映画館なり、往年の名車の名前なんですよ。
だから、言わないし、書かないです。

さっ、今日も洗濯洗濯!

お出かけなさる方、気を付けて
いってらっしゃいませ~。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村


最終更新日 : 2020-05-02

Comment







非公開コメント