泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › そのまんまで
2020-10-18 (Sun) 22:56

そのまんまで

貰っても困っちゃう…う~ん。

こんばんは。

午後から、お買い物へ行ってきました。
わざと時間をズラして出かけて行っているというのに、
顔見知りに、街中でバッタリ…。
近所とかじゃなくって、街中の人混みでですよ?

こっち、きょろきょろして歩いているわけじゃない、
どこで、誰がいるかなんて興味なし…。

そしたら、後ろから

「アンちゃ~ん」

うっ、街中で呼ばないで~、声だけでどなたかすぐに
わかりましたよ、振り向きたくない~。
自分の代わりに、周りが一斉に振り向いてました。

無視したらしたらで、後で何こそ言われるか…。
立ち止まって振り向くと…
商店街のハズレにある休憩ベンチに
おばぁちゃんかしまし娘さん達。

小さくため息をついた自分。

「やっぱりアンちゃん~
 背格好が良く似てたし、それにその靴でわかるのよ~」
「久しぶりね、アンちゃん」
「あえて嬉しいわ~」

・・・ソーシャルディスタンスはどーした!!

自分、距離を保ちつつ…

「偶然ですね~」
「アンちゃん、お買い物?」
「はい…」
「ここ、ここに座って座って…」

(えーーっ、なんで、いやです~)

「ごめんなさい、まだ用事があって~
 コミュニティバス待ちですか?」
「そうなの~、 一緒になったから、お話してたのよ」
「アンちゃん、いつもお世話してくれて
 ありがとうね。
 ちょっと待って…」

おばぁちゃん、バッグをゴソゴソ…。

「はい、食べて」

包装してあるおにぎりを出されて

「いいですよ、せっかく買ってこられたのでしょう?」
「いいの、いいの、あげたいのよ、ねっ」
「じゃ頂きます、ありがとうございます」
「私も…」

もうひとりのおばぁちゃん、菓子パンの袋を取り出して

(えっ? なにすんの?)

封を切り、レーズンロールパンを3個をつかみ取り、

「はい、食べて食べて~」

・・・えっとぉ。

「アンちゃん、何か袋持ってる?」

袋から出す前に聞いて下さい…っていうか、
あの…くれるなら、袋ごと下さい(図々しい~~)

自分、手も洗ってないし、おしぼりで手を拭いたわけでもなし、
あっちこっち触っているというのに~~。
素手で渡されまして…受け取らないわけには行かない状態に…。

「袋を持ってます~、って、もらう気満々でごめんなさい」
「気にしないで、アンちゃんは、本当にいつも
 良くしてくれるから~またいつ会えるかわからないし…」
「ありがとうございます」

そして、もうひとりのおばぁちゃんが、

「ずるいわ~私も…はい、これ、食べてね」

手渡されたのは、りんご。

「あー、いいですいいです…」
「アンちゃんの顔を見られて嬉しいわ~だから」
「じゃ、遠慮なく頂きます」

そんなこんなことしている間に、コミュニティバスが到着。
おばあちゃん達、ぞろぞろと乗って、自分は、お見送り。
そして、残された自分の手には、おにぎり、パン、リンゴ…。

自分を横切る方が、自分の手元をジロジロと見るわけで…
何で、そのまんまのパンを持っているのかって~~。
視線が痛いんですけど…。

自分は、いつも小さなビニール袋を持っていたので、良かったです。

こんな時…あとから、あぁ、あそこで、もう少しいろいろと
見てればよかった…とか、ここの道を歩かなきゃ良かった~とか、
ほんの少しの事で、絶対に会わなかったのに~~。

別に、そのおばぁちゃん達が嫌いとか苦手とか
じゃないんですよ、
ただ、たまには、ひとりで、ぷらぷらと歩いて、
過ごしたいときもあるでしょ?
どなたにも会うことなく…しかーし、そういう日に限って、
ばばーんと会うんだ、これが…。

いつも、自分の顔を見るなり、何かくれるんですよ…
このおばぁちゃんたち…用事でお宅に寄ったら、
お孫さんへのお菓子じゃないの? っていうものまで頂いて、
家庭菜園でお野菜もしかりです。
さすがに、素手でパンを貰ったのは初めてでしたけど。

来年は、自分が地域の纏め役員ですから、当然、
ひっきりなしに会うことになりそう。
まっ、地域では、お手伝いできることは、してあげたいですね。
だけど、街中では、ほっといて…わがままでごめんなさい。
ニコニコとしているおばぁちゃま達は、可愛らしいですわ。

そんなこんなの1日でした。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2020-10-19

Comment







非公開コメント