泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 支出の纏め
2015-04-30 (Thu) 22:32

支出の纏め

今日で、四月もおしまい。
先月まで、雪かきに泣かされていたというのに、
今日も、気温がぐんぐんと上がり、
たくさんの洗濯物が乾きまくり。

月末の今夜は、四月の支出の纏めをするのに、
通帳と家計簿と睨めっこしていました。
支出を書き出しながら、今月も一円たりとも、
用途不明金はなかったです。

近くに、コンビニ、スーパーもないので、
無駄使いもすることなく、まぁ、無駄使い出来る程、
余裕はありませんけど。
今月、家から出かけた回数は、わずか3回でした。
それも、スーパーへの買い出しのみという…
どんな生活しているのかって思われそうですが、
一人介護ですし、映画を観るだけの時間ぐらいしか
外出が出来ない状況ですから。

それが、ずっと続いている状態ですけれど、
いろんなことを諦めたら、今では、意外と割り切れまして、
むしろ、外へ行くのが嫌になってたりします。

だったら、自宅で出来ることを勉強しましょと言うことで、
数年前から、図書館から経済学系の本を借りて来ては
読み漁ってます。

以前から思っているのですけれど、介護から離れた時、
何か出来ないものかと…。
もちろん、経済的にも何も困らない方は別ですけど、
自分のようにひとり介護で、介護から離れた後、
経済的に不安がある女性の皆様と何か出来ないかなと~、
住むところもシェアしてたりして、そして、それが
その方にとって「終」の住処になるような…なんて、
とんでもない、夢のようなことを考えてたりしてます。

自分のようなものが、こんなことを考える事体、
おこがましいですけれど、考えるだけならタダですし、
どなたにもご迷惑をかけるわけではありませんから。

自分は、半人前の裁縫技術しかありませんが、
他の方は、誰にでも秀でた凄い技術を持っていらしても
介護をして、介護から離れた後、それが生かせれないのでは、
勿体ない気がして…。

だから、会社を立ち上げて、介護から離れた女性が
いくつになっても働けるような仕組みが出来ないものかと…

でもですね、自分は「リーダー」の器はなく、
こんなことを思う自体、鼻で笑われそうですが。
だけど、自宅にいて、ただぼーっと介護に追われてるだけの
時間が勿体ない気がして、とりあえず、勉強をしてみようと。
それが、役に立とうが、立たなくても、いいんです。
とりあえず、知識だけを増やそうと言う魂胆ですから。

飽きたら、また次の事を考えます、今は、経済系の本が
とかく面白いのです。

家計簿を眺めながら、そんなことを考えてたり…
まっ、今月も範囲内の支出で過ごせたことによしとします。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント