泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 何かの
2021-11-18 (Thu) 22:44

何かの

冗談ですか? 何を思って…。

こんばんは。

今週、出かけていた分を取り戻すかのように、
バタバタと片付けしたり、断捨離したりの1日だって
あります、何も考えないで済みますし…。

久しぶりに、元許婚と電話していて、いろいろと話したけど、
お互い「恋愛感情」がまったくない事…。
付き合いが長すぎたんですよ、既に30年以上だし、
お互い恋愛もせず、結局、何してた?って感じです。

出逢った当初もそうだったのですけど、
今も結局、仲のいい兄と妹なんですよね…その域から
出てなかったって感じです。
今は、それでよかったって思ってます。

さっきも話していたんですが、ふたりで
「結婚しなくって良かったかも」…と、それは言える。
こんな、何も見出来ないような自分で苦労させることないし…、
面倒もかけたくないし…。

ただ、元許婚の彼は、とても良い方なんで、まだ60ですから、
若いコちゃんといくらでも、スタートが出来るのに…
お子さんだって出来るよ? いないの? と聞いても、
「苦労させられっか」だって、自分に散々させたくせに~っ。
(今では、いい思い出になっておりまするよ~)

今でも、お互いストレートで話すから、衝突もするし、
絶対に譲らないし、自分が。
どうも年上の方が相手だと甘えちゃうんだ、これが…。

「介護」で終わっちゃう人生ですし、あっ、彼には違ってほしいと…
素敵な方と巡り逢って、幸せになってもらいたいと願っています。
自分は、とっとと、藤原さんの元へ行っても後悔しないし…
あ、介護が終わったらですよ~。

そんな自分に、突然、降って沸いた話…なんなの?
質の悪い冗談のような話…どっちにも失礼なことが…。

午後から、庭でせっせと、あちこちの植物に
囲いをしていたら…そこに、おせっかいと言いますか…
地域に必ずいるおせっかいなおばちゃんが来て…
(ほんと、この方が苦手で、天敵そのもの)

「アンちゃん、結婚する気あるかしら?」
「は…はい? なんで、急な、またそんな…」
「あのね、知り合いに、アンちゃんを見初めた方がいて
 婿になってもいいという話があって…」

は? 何を言い出すのかと思えば…。

「あの…何かの冗談ですか? 
 自分は、介護もしているし、
 なんたって、既に半世紀過ぎてるんですよ?」
「あちらさんは、それらをよく知ったうえでですよ、
 会ってみるだけでも」

どっから、こんな話、もってくるんだか!! 
いーかげんにしろっ。

「その気はないです。
 父に気を遣わす生活なんて、絶対にさせたくないですから」
「そうよね…」

考えたらわかるだろうに!!

この時、既にピンと来てましたわよ、自分…

「あの…その話、当人を抜きで、
 その親御さんから頼まれたとかじゃないですか? 」

「えっ、え、あ…ほほほほ」

図星かいっ、はい、当たり。
…そんなことだろうなぁって思ったんだよねぇ。

何も棺桶に半分、足を突っ込んでる自分に…。
でも、親御さんに、気に入って下さったのは嬉しく思いますけど、
(間にうけちゃいけませんっ!)
当人さんは、間違いなく「こんなおばはんと誰がするか」ですよ。
どっちにしたって、失礼な話。
なんだと思ってるわけ? まさか、いずれ、介護要員?
こんな話、父に出来るわけがない。

あっとと、結婚願望がある方は、本当、いくつになっても
なさってくださいね。
大丈夫、今の時代、何が起こってもおかしくないですから。
あ、「寝取られ」「寝取り」の不倫して、略奪婚だけは、
やめましょう。
相手のものだと思うから、燃えて錯覚起こすだけ。

もし、万が一、結婚するなら、この地域じゃない方、
同じ出身地はパス、今いる県より、ずっと遠い方が
いいです~って、何をリアルに。 
そして、出来たら母方の旧姓と同じ名前の方がいいです
(めっちゃ限定)
この名前が好きなんですもん~。

まっ、こういうおせっかいおばさん、自分じゃなくとも、
他にも、ン10人と手あたり次第、同じ文句で、あちこちの
女性に声をかけまくっているんですってば。
…にしても、参りましたわ。
もし、父がまだ元気で「庭木」の手入れしていて、この
おばさんとあって、こんな話を聞いたら、大変ですよ。

だけど、父は、数年前、弟さんから電話がかかってきて
自分の事で「あぁ、もう結婚も諦めているから」って
言ってたのを知ってますわよ。

こんなつまらない話を聞かされて、
午後から、どれだけ不愉快な気分で過ごしたことか~~って、
そろそろ、女の子の日が来そう…だからかな、
イライラする~っ、それと同時に全身が軋むような痛みが
入り始めましたもの…。
先月と一緒…やだなぁ、またうんうんと唸っちゃいそうだ。
でもね、先月は、心がウキウキするようなことがあって、
それで乗り切れたんですけど…ね。

今、何度も聴いている曲があって…山崎まさよしさんの
「One more time,One more chance」です。

…願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ…

こんなセリフを言われたら、即落ちします…間違いなく。
藤原さんボイスだったら、一生、これだけでついていける!
…って、先に逝かれましだけど…それでも、ずっと探してる
藤原さんボイスを…。

おひとりのあなた様方々に素敵な方と巡り逢って、
幸せを願わずにいられません…素敵なご縁がありますように。

今夜は、藤原さんボイスを聴きながら休みます…。

おやすみなさい、よい夢を…。

追伸

もし、もう一度、言葉を交わせることが出来たなら、
たった一言、″ありがとう″と伝えたいです。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2021-11-18

Comment







非公開コメント