泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 軽くて
2021-12-21 (Tue) 14:31

軽くて

温かいものを…。

こんにちは。

お布団に入ってからも、なかなか寝付けれない、
要介護の方が、ぐっすりと眠れない…という場合…
お布団なり、毛布なりから見直されると…
少しは、改善出来るかも…。

今、文明の利器を使った良い素材での寝具が出て、
検討がいろいろと出来ますし…懐具合と相談しつつ、
ぴったり合うものがあるかもしれません。
1日の大半を、ベッドや寝床で過ごしていらしたなら、
なおさら…。

冷え性、足の冷たさなど、身体の改善が、すぐに出来れば
いいのですけど、そうもいきませんから。

うちの父は、当初、アクリル系の毛布が重たいと言って、
圧迫感があって、寝苦しいと…それで、軽いものにして、
さらに、枕も交換しまくりでした。
身体に負担なく、過ごせる、休めるには、枕も必須です。
今の時代、ネットで弄れば、いくらでも出てきますし、
評価もいろいろあって、見当もしやすいかと思います。

在宅介護が、1年、2年では、済まない時代では
あるけれど、昔からしたら、介護を手助けしてくれるグッズが
たくさんあり…って、いくら、そういうものが出たとしても、
「人の手がかかる」には違いないのですけど。

あるCMが気になるんです…自分だけかなぁ。
まぁ、ないよりはあった方がいいけど…。

スマホで入れる保険で…癌宣告されたら、諭吉さん二千人が
支払われるというもの…で、ええー、二千人~とか、
にっこり顔で喜んでるけど、いざ、御自身が癌宣告されて、

「わーい、これで、諭吉さん二千人~」って、喜べます?

さらに、余命宣告されたら…。
このCM…観る度にそう思うんです。
これも、癌宣告されたことがない方の発想なんだろうなぁと…
母か゛癌宣告されてからというもの、
自分も「命が縮まる」思いでした。

だけど、自分がひとりだけだったとしたら…話は別。
(うわ~げんきーん)
余命宣告されても平気です。
それだけあったら、余命に尽きるまで使い切ってやる~です。
もし、残ったら、大切な方へ渡していくだろうなぁ。
…と、不愉快なCMではあるけど、どうしようかなぁ…と
検討中です、えへっ。

大切な方がいらしているのなら、御自身の命を大切に。
自分は、…身内がいても、なんとも思ってないし、向こうもかと…。
だから、認知症などで、記憶を取らないで~~せめて。
最後まで、藤原さんを追っかけられますように。
みっちゃんの次で素敵な方が現れたら、その名前を言うかも
しれないけど、藤原さんだけは、一生不動ですもの。

話は、逸れましたが、とにかく、要介護者の方も、介護の方も
「寝具」に拘られて、良い睡眠が得られますように…。

さっき、パウンドケーキの発送して来ました。
これで、御礼状も、贈り物も終わり~~残すは、
年賀状のあて名書き…ひぃーっ。
パソコンで出してもいいんですけど、
「喪中はがき」が結構、届いていて、30枚程度ですから、
書いた方が早いんです。

やっと少しお日様が顔を出して、気温がなんと10度も
あるんですよ、それに、青い空もちょっぴり。
この暖かさを利用して、片付けなきゃ。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2021-12-21

Comment







非公開コメント