泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 1円も
2022-02-25 (Fri) 22:39

1円も

しっかりとガードするみっちゃん財布

スーパーでお買い物をして、いつもならEdyなんですけど、
たまたま、この時は、Edyに残高が足りず、キャッシュで
支払って、レジのおねーさんからお釣りをもらった時、
すぐに、みっちゃんの財布の中へザラザラっと…。

台の上で、エコバッグに食品を詰めていたら

「あの…これを落としましたよ」

高校生の可愛らしい女の子が、声をかけてくれて、
1円玉を渡してくれました。

えっ? みっちゃん財布の中へ入れる時、こぼれたんだ…
落っことしたのを気が付かないなんて~~。

「すみません、どうもありがとう」

自分の後ろで、レジ待ちをしていた女の子でした。
1円をわざわざ、自分を見つけて手渡してくれて…
ほっこりしちゃいました。
こういう時って、うきうきしちゃいまして、嬉しいものですね。

ただ…ですね、1円玉を落としたことに気が付かないって…
すっかり″老化現象″が進んできたのかなぁと…。

おうちに帰って、いつものように、みっちゃん財布から
一度、全部を取り出して、家計簿つけ…。
計算したら、1円まできっちりとありました。
あの女の子おかげで、「1円がない」って、何度も計算して、
どこのお店に寄ったかとか、うんうんと唸らなくってすみました。
ありがとう、どこかの可愛い女の子ちゃん。
あなたに親切にして頂いた分、あなたに返したいけれど、
もう会う事はないかと思うから、他の方に親切にしますね。

みっちゃん財布にしてからというもの、なぜか少しづつ、
いろんなことで、戻ってくれている事に感謝です。

アン


最終更新日 : 2022-03-04

Comment







非公開コメント