泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 遺言書
2022-04-17 (Sun) 22:00

遺言書

書いておかないと…父の為に。

こんばんは。

先週も長いハードな1日でしたけど、今日も、同じく…
丸っと1日自治会活動して、しんどい1日でした。

今朝、早朝4時前…まだ眠い自分に、コールがあり、
父が、あれもってこいだの、なんだの…って言うから、
揃えて部屋へ戻ったら、ガーガーと寝てるし…。

・・・・・・。

なんなの?
どうしても、寝かせないつもりのようですわ、
こっちは、すっかり目がさめて、午前4時前から洗濯。
しかも、気温は、一桁と言った具合で、さ、寒っ。

父の部屋の暖房は、常に27度。
こりゃ、眠くもなりますってば…あったかいから。
…で、父が、完全に起きたのは、7時ですよ?

自分も3時間…、眠れたじゃないかーっ。
なんで、そもそも、4時前に起こす? 
活動時間は、午前9時からだったのに~~って
奉仕活動中も、もう生あくびが止まんないったら
なかったです。

先週も今週も、日曜日だっていうのに、1日中、
フルで自治会活動…って、もういやんです。
…って、来週も、再来週の日曜日もあったりします。
ちょっとだけ…疲れたって、吐かせてくださいね。
明日になれば、ちゃんと元に戻りますから。

タイトルに、ギョっとさせちゃいましたか…。
これも、現実で、今の自分は、いつ、倒れても
おかしくない程に、そんな食べてないわ、
しっかり寝てないわの毎日…。

もし、介護側の自分が倒れたなら、他人の身内は、
介護なんてしたくないだろうし、施設となったら、当然、
資金がいるわけで、自分にどれだけの生命保険を
掛けておいたら、父は、良い施設には入れて、
実家の処分、墓じまい、父の葬式代が足りるかなと…
あと、永代供養碑のことも…。

父は、仕事をリタイヤしてから絶対に病気にならないと、
保険ひとつも入ってくれなくて、どんなに説得しても
「怒り心頭」して、耳もかさない状態でした。

自分が、黙ってこっそりかけておけばよかったと、
今更ながら、後悔しています。
もし、自分に何かあったなら、父には、最後まで
絶対にしんどい思いも、苦労させることなく、過ごして
もらうには、自分を担保にするしかないと思い、
ここ、しばらく、生命保険とにらめっこしていました。

実は、半世紀を迎えた時点で、
「遺言書」は、書いたんですよ、終活を考えて…。
いずれ、公正証書にしてもらうつもり~。

父は、娘なんて、使い勝手のいいお手伝い程度にしか
考えてませんし、この家も、他の物も全部、他人の身内に
あげたいようですから、自分は、相続放棄するつもりです。
これで、一切、揉めることもないかと…。

自分の事は、直葬して、無縁仏で構わないと、
墓には入れないでほしい事、一切、何も
してくれなくていいと記載してあります。
どうせ、今生の縁だけですもん、向こうも楽でしょうから。

どうなんだろう、とっとと、自分がくだぱって、良い施設に
入れるのと、びんぼーのまま、娘に介護されるのと…。
どっちにしろ、たまに、他人の身内の「優しい言葉」を
きければいいのかもしれないです。

保険の掛け金が多少高くなっても、父の為です。
気になるのは、自分がいなくなった途端、遺言書なんて、
握りつぶされて、ローンの全額返済に全部つぎ込まれそうで…。
向こうは、自分がいなくなるのを待っているかも。

いえ、以前、自分に、他の事をさておき、
「どの程度の保険がかかっているのか」と聞いて
きましたからね~普通、聞く? そんなこと…
どうも、末っ子に真っ先にいってほしいみたいですわ~。
ただ、介護が終わった後で…そうだろうなぁ。

今ですら、自治会のことでも、撲殺されている毎日。
介護以上にしんどいのは、確かです。
だけど、このまま潰れるのも、なんか悔しいので、
絶対にやり切ってみせる…全部を。

縁起でもない話をしましたが、しかしながら、これが現実。
避けられない話でもありますから。
他の方が、介護の事でいろいろとお書きになっているのに、
自分は、ストレートに思っていることを書きたいし、
介護話は、役にも参考になりませんから~。
それに、自分の介護なんて、他の方の方が遥かに
大変そうですから…いつも申し訳ないくらいです。

明日は、父のことで役場へ行って、手続きをして~
他にもあるある~、う~ん、スケジュール手帳が
パンパン状態です。

今夜も疲労度がピークを過ぎているのか、結構、
ハイだったりします。
なんで…これから、無双・みっちゃんをするのです。
(そんな時間あったら、寝ろって…無理です~)
あぅーっ、愛しきみっちゃんっ、ストレス解消させてね~。

おやすみなさい、よい夢を…。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2022-04-17

Comment







非公開コメント