泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › どうしようと
2022-05-06 (Fri) 13:18

どうしようと

悩んだときは、やめておくのが正解だったりする。

こんにちは。

思っていたより、早い時間に、瓦職人の社長さん…
もとい、棟梁さん自ら、お支払い代金を受け取りに
来てくださって、凄く助かりました。
一日、待ちぼうけになるかなぁと…。
近くに、屋根瓦を直しに来こられていて、休憩時間に
来て下さったようです。

たくさんの諭吉さんを持っているだけで、気が気じゃない。
(小心者~諭吉さん十人も持っていたくない)

諭吉さんお渡ししたし、うん、出かけようと思い、
その後、いそいそと準備をして、靴下を履いたところで、
突然…

やめよう。

今日は、平日でもゴールデンウィークの真っ只中、
お休みの方がいらっしゃるんだよね…と思ったら、
なんとなく、行く気が失せて…それでも、いろいろと
なくなったものがあったけれど、日曜日まで
なんとか持ちこたえられるかも。

いつもだったら、思い立ったら、即、ドタバタと
準備して、すぐに出かけるんですけとね。
でも、そういう時のカンって、当たってたして。

気が進まないのに強行しちゃうと、ロクなことに
ならないわ、散々な思いをすることがあるんです。
今は、出かけなくって良かったと…縁側でぼーっと
過ごしています。

父は、昼食が終わった後、お昼寝を始めてるし…
おうちの中でドタバタとせず、大人しく、自治会の
活動日誌を書こうと…。
家計簿は、見たくもなーい、マジで頭が痛いから。

実のところ、瓦修繕費に支払ったのは、おうちの
全財産の半分…今度、何かあったら、OUTです。
えっ、そんなことをさらっと言うって?
別に、無いものはないですし、すっからかーんって
いつもお話しているじゃないてすか~。

えっと、言葉が良くないですが…
どいつもこいつも、一番下の末っ子に″たかった″
身内と他人、ええ加減にしとけよっ感じ。

こんなことにならないよう間違っても、他人の身内、
兄弟姉妹、友人、知人に、びた一文も
渡しちゃいけません。
御自身が、馬と鹿を見ますから。

介護する前、自分の預金でしたら、当時、諭吉さん
700人程度いましたよ。
自分ひとりなら、ほんと、使わなかったですね。
だから、持ち越していて、特に気にもしてなかったし…、
支払うとこさえ落ちていればという感じでした。
懐かしいなぁ…。

さてさて、ないものはなーいっと言うことでおしまいっ。
自分は、諦めるのも早いし、切り離していきます。

せっかくの午後、大切にしなきゃっ。

アン

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2022-05-06

Comment







非公開コメント