泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 「・・・っ。」
2022-08-05 (Fri) 03:37

「・・・っ。」

グーじゃなくって、よかったわ…。

こんばんは。

ただ今の時刻、午前2時。
痛烈な一発をあびて、左の頬がまっかかで冷やしてます。

つい、さっき、父が、うぉーっと叫んだので、何事かと思い、
びっくりして、父の部屋に飛び込んだら、魘されてる模様。
耳が遠いから、大きな声を出しても聞こえないから、
父の身体をゆさゆさと揺すった途端

パァン。

部屋の中に乾いた音が…。
父が振り上げた手が、見事に自分の頬にヒット。
目から、火花が散りまたしたよ、今も痛いですもの。
それで、腕を押さえつけたら、

「触るなーーっ」

さらに身体に力が入ったのがわかる、
90のじーさんの力かってくらい強いんだ、これが。
声を潰したくないが、大きな声も出したくないけど、

「お父さん、起きて」

父の目がぱっと見開いたのを確認して、部屋の明かりを
つけたら、ようやく

「んっ、あ、お…」
「魘されていたよ」

らんちーも、何何って顔して、こっちを見てて…

「汗かいているから、着替えしよ」
「夜中にかよ」
「そっ、夜中にだよ」

上半身だけ、ホットタオルで拭っていたら、父が

「おまえ、顔が赤いぞ」

…アンタにひっぱ叩かれたなんていうつもりはなく、
部屋が暑いからだよと…部屋の中は、いつも適温なんですが。

故意でやったわけでなく、とっさに、避けられなかった自分が
いけないのですから。

着替えが済んだ途端、父は、すぐに寝てしました。
起きる頃には、自分の頬の赤みがとれてるといいけど。

教訓…
魘されている方を起こす時、相手の顔を覗き込むように
身体を揺すらないこと。
腕をゆさゆさして、離れるのがいいかと…。

ほんと、グーパンチだったら、歯が折れてたか、
鼻の骨が折れてました、たぶん。
夜中に、強烈な張り手を食らって、参りましたわ…
あと、どのくらいで、赤みが納まるかな…マスクしてれば
隠れて見えないけど、じんじんする~~あぅあぅ。

…で、今、何しているかって?
いつものように、真夜中の洗濯。

昨夜、父からのコールは、10時から始まっていて、
午前1時半過ぎまで、コールが6回。
あげく、張り手の目覚まし…。

いつ、寝ればいいのか。
あ、自分は、既に「睡眠障害」を起こしていて、感覚が
マヒしているので、眠れるときは、ちゃんと眠って下さいね。
そうしないと、自分の様に、身体が起きている事が
当たり前になってしまいますから。

昼間寝ようと思っても、面白い様に、電話が鳴ったり、
玄関のホーンがなったり、父からのコールがあったりと…
何がなんでも、寝かせないって感じですけど、一時間程度、
うつらうつら出来ただけでも、よしってことで、
今日もこの時間帯から行きまっす~。
今度は、洗濯機君がお呼びです、はいはい~。

まだ夜中なんで、ちょっと「愚痴」こぼしを…

一生、この先も介護に携わらずに、御自身の時間で、
生活の営みが出来ている…
これだけで、素敵な事かと存じます。

少しぐらい、旅行が出来ない、好きな事が出来なかった、
やりたいことが出来なかった…
だけど、介護はしていないから、一時間でも2時間でも
好きなように過ごせれる時間も、寝る時間も…。
介護側からしたら、それだけで、羨ましい限りです。

介護も「介護ガチャ」って言うの?
要介護人が、カプセルから出てこないだけのが、ラッキー?
それとも、介護する側のそんな立場に立った自分が、
ガチャなのかもしれませんね。

あっとと、勘違いなさらないでください。
介護をしているのが、そんなに「えらい」のかって
話じゃないですからね。
当然、勝ち組負け組の話とかでもないんです。

ただ…最低連続して3時間は寝たいです…って、それかいっ。
いや、それだけでも、有難いなぁって‥今の自分には…。

さぁ、少しでも早く起きていると、1日が少しは、時間が長く
過ごせることをよしとしなきゃ~。

さぁ、洗濯物を早く干さなきゃ。

アン

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2022-08-05

Comment







非公開コメント