泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 身近な
2022-08-15 (Mon) 23:12

身近な

物で代用、あくまでも、応急処置です。

こんにちは。

熱中症の症状が出て、身体を冷やしたい時、
氷がない、足りない、そんな時の為に…
おうちに、飲み終わったペットボトルが、一本や二本、
あるかと思います。

ペットボトルに水を入れて、冷凍庫に凍らせておきましょう。
水の量は、飲料水が入っていた水位までです。
飲み口まで、いっぱいに入れると、凍って膨張して破裂の
おそれがあるので、要注意です。

気分が悪いとなったら、その凍らせたペットボトルに
タオルを巻いて、わきの下などに入れて、身体を冷やしましょ。
けれど、あくまでも、応急処置です。

凍らせたペットボトル、いろいろと用途があります。
お料理があつあつで、すぐ冷蔵庫へいれられないとき、
2、3本、並べた上に置くとか、打ち身の時、冷やしたい箇所に
当てたりして…他にも使えるかも‥。

うちでは、ちっこいこーず(ハムちゃん)がいた時は、
とにかくケージの横に置いていました。

あと、自分は、散歩する時、凍らせたお茶を持ち歩いてます。
今の時期…溶けるのが早いったらないです。

ただ今、一睡もすることなく36時間以上経過してます。
そろそろ、限界かも…だけど、ブログを書いてるから
まだ大丈夫…です。

睡眠障害のいいところ~
(ちっとも良くないですからね、よくお休みください)
ある程度の眠さが通り越すと、ちっとも眠くないんですよ。
気分が、常に「ハイ」な状態。

だけど、介護中は、ものすごく冷え冷え状態。
気が付いたんですよ、よそ様のブログを読んでいて、
気持ちが落ち込んだり、悩んでいたり、苦悩されてたり…
それは、要介護者の方への「情」がたくさんあるから、
だから、辛いんだと…。
気持ちがこもっているから…優しいから。

いいですか…あなたは、優しくって、情があって、
相手を思いやれる方なのです。
決して、自分のようになってはダメですよ…って、
ならないから大丈夫ですね。

自分は、もう、さらに一段と冷めたのです。
だって、別に、誰だっていいんですもの、世話さえしてくれたら。
だから、父に「おまえは、誰だ」って言われても、
ただの「お手伝いだよ」と答えるだけ。

自分は、自分の中にある介護というものを消費していくだけ。
最後まで、一度、冷えると2度と燃焼しない。
昔からそうなんです、何に対しても、どれだけ熱くなっていても
冷めたら、全くと興味も示さない、1ミリも…。
さらに、それは、「人」にも言えるのです。

元許婚には、「友情の情」がまだあるから、付き合えてます。
友情もなくなれば…えへっです。
昨日も、派手に喧嘩して、今も冷戦中です。
寝てないからか、つい、ヒートしちゃって…。

つまんないことなんですよ…夫婦ケンカもこの程度から、
勃発するのではと…ささいなことです。
いやいや、もし結婚していたら、間違いなく「大ケンカ」になって
いたと思います。
年上のくせに、年下の自分に対して、大人げないったらない。
自分も、うがーーっと反抗して、まったくと可愛げがないものだから、
お互い様です。

さぁ、今夜も洗濯ですよ~、うりゃ~。

アン

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2022-08-16

Comment







非公開コメント