泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 2か月分が
2022-11-18 (Fri) 12:14

2か月分が

1か月分に…お鍋焦がしの実刑。

こんにちは。

午前中も自分の時間など1分もなく、駆けずり回って、
帰宅して、ガス請求書のハガキが届いていて、
その数字にも卒倒しそうになってしまいました。

だって、ありえない額。

都市ガスだと考えられないかも。
プロパンだからなのか、自分が使いすぎ? 
諭吉さん一人から、200円のお釣りがくるだけ…。

信じられない…自分は、そんなに料理もしないし、
するっていったら、圧力鍋で10分程度。

やっぱり鍋を焦がしたのが、一番のダメージ。
あなた様方も、お気をつけて…お鍋だけじゃなく、
やかんの「空焚き」も、ガス代も上がります。
お気をつけて~。

鍋のかけっぱなしは、ガス代も勿体ないですし、
さらに、焦がすとなったら、ガス代、鍋も真っ黒、
洗うのに水道代、洗剤の無駄…最大の無駄は、
時間と労力。

これから、コトコトと煮込み料理が多くなる時期なのに…
お味噌汁だって、二人分の水とかで、あの手この手で
ガスを抑えてきたのに…。

先月は、樋口さんひとりと野口さん二人でいっぱい
いっぱいだったのにーーーーっ、馬と鹿ーーーっ。

このままいくと、年末は、水を飲んで過ごせって感じ? 
自分は、冷たいものでも我慢もする、父は、そうもいかない、
これから、もっと、いろいろとかかるのに…。

やっぱり、働きたい!!
自分が、遊んでいるのが良くない。
最低賃金でも、なんでも、もう働かないとやってけない。

いつも思うのは、在宅介護していても、働いていらしてる方、
どうやりくりなさっているのか…自分でもできます?
日中は、 自治会と父の介護と、夜中は、2時間ごとの
父の世話をしていても…。

自宅でできる仕事についていたなら、全部できてたのに…。
不器用なのかなぁ…、そもそも、素敵なだんな様が
見つけらなかった自分が一番悪いんですけど。

なんかのドラマで、親の七光りのぼんぼんが

「この世の中は、思った通りに動かせれるヤツと、
 一生使われるヤツがいるんだよ。
 お前は、一生、俺のこき使われてるんだ、あっはははは」

…で、次の瞬間、そこらに転がっていた「石」でがっつんと…
はぁ、演技でもスッキリした。

一度も苦労もせず、お皿1枚、パンツ1枚、何もしなくって
いい人生を歩いている方もいるんですよねぇ…。

…って、そんなもん、自分は、興味がないわけで、
自分が使われる側でもいい、ないものがないならそれでいい、
ただ…静かにひっそりと過ごしたいだけ。

わかります? 今の自分、どこまで耐えられるか、
試されているのなら、受けようじゃないのよー!!!

あ、自分、決して強いわけでもなく、ものすごく弱く、
おちょこぐらいの器しかないですらね。
だけど、強がっていないと、自分に負けそうで。

一度は、高いとこから捨てようと思ったこともあるけど、
元許婚が…「そのあと、考えたことあるか?」って。
ものすごく大変なんだそーだ、はい。

…って、話がズレちゃいましたけど、そんなことより、ガス代。
どうしよう~~です。
だって、3か月前まで、半分だったんですよ? 半分…。

今月、まだ2週間近くもあるのにです。
いろいろな出費に頭が痛いというのに…。

でも、自分は、甘えているだけ。、
父の介護というのを盾にして、働かないって…。
そんなの理由にしちゃダメなのもわかってる…。

どうしたらいいのかな。

アン

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2022-11-18

Comment







非公開コメント