泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 朝から
2022-11-20 (Sun) 14:58

朝から

怒り心頭して、声が震えました。

こんにちは。

早朝6時から、自分の家の周囲だけでも早めにして…
近くの川の草むしりを、ひとりでもくもくとしていました。

フト、嫌な思い出が…
してもしなくっても、「嫌味」を言われて…。

皆さんより、先に掃除をしていたら、

「班長より、勝手に一人で始めるな、迷惑だ」

自分が班長の時、途中で雨が降ってきたので、
切り上げたら、

「ぜんぜん掃除も草むしりもせすに、何が清掃しただ、
 このうそつきめ、綺麗にしないと
 よその班からいろいろと言われるんだぞ!!」

おまけに、掃除をちゃんとしたか、チェックまでする有様で、
ゴミが落ちいていたとか、草が詰まっていたとか…
あとから、チェックするからな!! だって…役員でもないのが、
一番うるさいからキレそう。
今日も、「それ」が出てきたら、何こそ言われたことか…。

ご自身が病気になって、散歩程度しかできなくったら、
静かにしてるかと思ったら、自分の顔を見た時、総攻撃。
区長補佐の事をくどくどくど…。

今日ですよ。
自分が、区長補佐として、役員選出についての話を
していたら、他の方が、他の話をし始めて…

「すいません、今、役員のことで話しているんです。
 毎年、役員をなさっている方がいらしています。
 今後は、考慮お願いします」

はい、そんなこと知ったこっちゃない空気。
いろいろとしてくれてるのに、感謝もしないの?

もう、昨日、書記を受けて下さった方に申し訳なくって、
終わった後、せっかく班会にも出てきてくださったのに、
機嫌を悪くなさって帰られたのがわかったので、
すぐにお宅へ行って、頭を下げて謝罪して来ました。

「申し訳ございません。
 大役役員を受けて下さったのに、自分の配慮が出来ず、
 嫌な思いにさせてしまって…ごめんなさい」

正直、泣きたい気分でした、申し訳なくって…。
後日、断られるのを覚悟しています。
あまりにも、失礼過ぎです。

班会の話に戻って…

自分がいろいろと話していて、ある人が

「えっ、区長補佐って? 誰が?」

・・・・・・。

「この班に? 冗談でしょう? あははははは」
「アンさんだよ」

「うそっ、何もしてこなかったのに?」

はぁ?

…キレそう。
…キレていいかな…。

自分の活動を見たことがなかったでしょうに。

さらに一番役員をしない方が、しまいに

「書記と会計は、区長補佐のするのが役目でしょ、
 はい、解決~班会、終わり!!」

ひとりで拍手して…
あんた、班長でもなんでもないでしょ。

「まだ話が終わってません」

もう怒り心頭で、声が震えました。
肩で息をするくらいに。

「書記と会計、後日、お願いに上がりますので…」

えっ?、その場の空気が凍りました。

書記が決まったなんて話したら、ますます感謝もしない、
やって当たり前となるので、せいぜい、いつ来るのか、
断る言葉を考えてろっていうの。
それくらい…って、傍から、忘れてるんだろうけど。

書記を受けて頂いたお宅に、どなたかが「役員」を
頼んだら、「絶対に受けないでください」とお願いして
おきました。
もし、つまらないことを言ってきたら、
「これは、区長補佐が決めたことだ」と自分を引き合いに
出して、追っ払って下さいと…。

平気ですよ、もうさんざん「サンドバック」になり、
あちこちで、言われましたから。

自分って、瞬間湯沸かし器?  
そんなに気が短い? 

この後、どこまで我慢ができるのか…
自信がないです。

アン

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


最終更新日 : 2022-11-20

Comment







非公開コメント