泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 点検商法悪徳業者
2015-10-24 (Sat) 15:31

点検商法悪徳業者

玄関の呼び鈴が鳴ったので出たら、いきなり

「お宅様の屋根瓦を見ましたら、屋根から大きく湾曲しています、
 すぐに修理しないといけません」
「は? 誰が見て欲しいって言った?」
「いえ、丁度、こちら方面の家の屋根を見回っていましたら、
 目に付いたもので…この家の屋根は冬には耐えられないかと」
「お宅、どっからきたわけ?」
外へ出て、車をみたら県外ナンバー。

「あったかいところから来たようだけど、雪の何がわかるの?」
「こちらは、プロですよ」
「帰れ」
「ほっとくと危険ですよ」

来た来た、ほおって置くと危険…悪徳業者の代名詞。

「父の親戚が屋根瓦専門で、春に点検してもらったら
 何ともないって」
「春に強い風が吹いたでしょう、それでですよ」

なかなか引き下がらないので、とうとう…
自分、違うことで苛々していたので、ここでぶちっと。

「おかしい箇所を教えて下さったから、
 この屋根瓦を乗せてくれた親戚にもう一度、
 見てもらうことにするから」
「そんな面倒なことをしなくても、今すぐに点検しますよ」
「頼んでないから帰れ」

ほらほら、早くしないといけないと煽ってきた来た…。
全く、同じ謳い文句だわねぇ…。

「名乗りもせず、どこの会社? 名刺くれない?」
「今持ってないんです、点検しましたら後から持ってきますから」
「とっとと帰れ」

何回帰れって言ったことか…。

お家に関することで、リフォーム、いきなりの
突然、無料で「瓦の点検」するとか
お宅訪問型営業マンにご注意下さい。

ネットでもこれらの記事が、わんさと掲載されていて、
高額な金額を請求されることが多く、見積もりもせず、
いきなり勝手に修理し始めるするケースもあり、
気をつけなければなりません。

つい二時間前の出来事でした。

自分は、別の事に振り回されていて、朝からあれこれと
対処しているところに、これ…。

それは、父の「虫」の居所が悪く、ささいなことでも
機嫌が悪く、やれああだの、こうだの、おまけに
「お前は、嫁にも行かんし…」くどくどくど…。
もうン十年以上の事をまるで昨日のように話すし…、
そんな時に限って、外の人間に苛々させられて、
この一時間後にまたピンポーン。

玄関も開けず「どなた様ですか?」

「○○フォーム住宅のものです、外壁がひどく痛…」

「二度と来んなーーっ!!」

大声を張り上げてしまい、父の部屋に筒抜け。
このことで、父に「何をそう大きな声を出しているんだ」と
くどくど…、ループでうんざり。

とにかく「悪徳業者」には、相手以上に強くならないと
絶対に勝てませんから。
セールス電話もまた同じです、とっとと切りましょう。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント