泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 今のうちに
2015-11-17 (Tue) 20:43

今のうちに

ここのところ、暖かい日和が続いているので、
徹底的に片付け、掃除、断捨離が進んでいて、
とっても助かっています。

とにかく、自分が歩く場所には、
床に物を置かない、散乱させない、
スッキリさせています、躓くと大変ですから。

自治会の集まりの時に知ったのですが、
先日、知っているおばあさんが救急車で
運ばれ、それは、物に躓いての転倒して、
骨折されたということでした。

その話を聞いて思い出しこと…
おばあさんに、一度だけ自治会の広報を
持って行った時、玄関の上り口(土間)、
廊下に、いろいろなものが積み重なっていて、
自分は、もう見た瞬間、「身体が拒否反応」を
起こす位に、物、物、物…。
これらに躓いて転んだら危ないんじゃないの? 
と思っていた矢先でした。

自分は、神経質な綺麗好きではないけれど、
物を溜めこむのが嫌。

物に囲まれてたり、散らかった部屋にいると
安心するというのも聞いたことがありますが、
自分には、それがわかりません。

実家の断捨離は、切実な「現実」
自分は数年かかっても、まだ片付かない、
整理出来ていない、断捨離が完了していない現状。

床、廊下には、物はないですが、
昔の家ってどうしてこう「段差」が多いのか、
ああー、やだやだっ、年を重ねたら、絶対に
足を引っ掛けてしまいそうですもの。
だったら、今のうちに自分で「DIY」をするのも手かなと…。

ひとり介護している自分は、絶対に「骨折」
「怪我」「病気」なんて出来ませんから…。
共倒れになりかねません。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント