泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 家計簿をつけていると…
2015-11-19 (Thu) 07:13

家計簿をつけていると…

いろいろと見えてくるものがあります。
たとえば、一年間の食費、交際費、
公共料金、税金…、
総出費を知ることが出来ます。

総出費を計算すると、はっきり言って
気分が落ち込むこともありますが、
それ以上に、お金の流れが見えます。
これで、自分に収入があれば…と
フト考えたりします。

月に両手分の諭吉さんで、奮闘しているわけで、
家計簿付ける程、お金があるわけでもなく、
毎日、買い物に行くわけでもなく、
家計簿のスペースは、スカスカだったり、
それで、家計簿を日記代わりにもしている自分。

ここからが愚痴っぽくなりますが、
以前、某フーの生活記事で

「年収900万でも生活が苦しい、赤字」の見出し。
これを読んだ時、どんな生活しているのかと…。
支出入の詳細・内訳を見て、どんぶり勘定っぽい。
それに、生活費のパランスがおかしい。
最後まで読むのが馬鹿らしくなった記事のひとつ。

年間百以下で過ごす自分にとっては、
所詮は、他所様の台所の諸事情など関係ないわけで、
結局、こういう方は、どれだけお金があっても、
この先もずっと苦しいのだろうなと。

自分は、介護する前も贅沢な事をしてないせいか、
今の生活でも、多少の事は我慢も出来ますが、
親しくもない方への「冠婚葬祭費」だけは、
我慢がならないというか、出来ません。

今年の「葬祭お付き合い費用」、
計算しなければよかった、一年間の生活費の
四分の一は、取られてる…。
ああ、それだけあったなら、美味しもの
食べられたのに…。

家計簿見て、この先、黒字で笑うってことなんて
あるのかな…なんて、たまに思う。

いや、それを実現する…してみせる。
今の家計簿が、ほんの少し黒くなってくれれば
それでいいわけで…うん。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

* by ルビー
アンさん
実現してみせる・・・わーなんて素敵な言葉なんでしょう、その調子です!
冠婚葬祭費なんて削りましょう、生きてる者が大事、その通りですよ。

* by アン
***************************************
ルビーさん
言い切ってしまいましたが、
自分の場合は、出来そうなことは
必ず言葉にしています。
こうすることによって、自分に暗示をかけると
いいますか、普段から心がけることが出来ます。
それに、黒字に変えるというのは、
途方もなく、手に届かない目標でも
ありませんし、きっと、どなたにでも
出来ることですから。
お恥ずかしい話ですけれど、
自分は、どなたにでも出来ることなら、
自分が出来ないはずがないって思い、
それが、チャレンジするきっかけだったり、
やる気を起こさせてくれる源でもあります。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

アンさん
実現してみせる・・・わーなんて素敵な言葉なんでしょう、その調子です!
冠婚葬祭費なんて削りましょう、生きてる者が大事、その通りですよ。
2015-11-25-16:42 ルビー [ 返信 * 編集 ]

***************************************
ルビーさん
言い切ってしまいましたが、
自分の場合は、出来そうなことは
必ず言葉にしています。
こうすることによって、自分に暗示をかけると
いいますか、普段から心がけることが出来ます。
それに、黒字に変えるというのは、
途方もなく、手に届かない目標でも
ありませんし、きっと、どなたにでも
出来ることですから。
お恥ずかしい話ですけれど、
自分は、どなたにでも出来ることなら、
自分が出来ないはずがないって思い、
それが、チャレンジするきっかけだったり、
やる気を起こさせてくれる源でもあります。
2015-11-25-22:59 アン [ 返信 * 編集 ]