泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › 遺影写真
2015-11-21 (Sat) 22:26

遺影写真

仏間に母の遺影写真があるけれど、それがひどい。
お葬式をする時、遺影写真にと一番綺麗な写真を
渡したのに、仕上がって来たのは
勝手に髪を短くされ、喪服を着せられ、
その遺影を見て、思わず「誰?」って感じで、
母を知る方は、全員「全く違う」と。

母の遺影写真、仏間の掃除をしていても見ない。
母の顔ではないから。

自分の後は誰も見る人がいないので、
自分の写真は、すべて処分してありますって
いうか、もうン十年も撮っていません。

もし遺影になるとしたら、唯一あるのは
「運転免許証」の写真のみ。
うわ~、運転免許証の写真って、最悪。
更新ごとに、間の抜けたアホな顔して
写っているので、自分で見るのも嫌なくらい。

自分は、自分を撮るのも写るのも嫌いです。
だから、「卒業アルバム」とか、集合写真とか、
もう拒否反応がひどい。

だから、先日、断捨離した卒業アルバムを見て、
本当にぞっとしました。

どうしてこうも写真に写るのが嫌いなのか、
自分の姿が残るのが嫌なんです。

以前、ある人から言われた事を思い出しました。

「好きな芸能人とか、好きな人とのツーショット
 だったら、絶対に写りたいと思うよ」

全くない。

第一、興味がない。

いろんな写真を撮影するのは、好きです。
動物、風景、可愛い物、自分で製作した服…、
ただ単に「自分」が写りたくないだけというだけ。

以前、写真の断捨離をしていて、
アルバムに張られた最後の自分の写真は、
中学校に入学した時のものでした。
それっきり…。

ちなみに「成人式」の写真もありません。
既に、親と離れていましたし、親も娘が
「成人式」だというのも忘れられてましたから。

この先も写真を撮るのは、免許の更新のみです。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント