泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 綿毛布
2015-11-28 (Sat) 16:12

綿毛布

父が使用している掛け布団は、
綿毛布と羽根布団。
以前は、アクリルの毛布にしたら、
「重い」との一言。
それで以前、アクリルの毛布を身体に
掛けるより、下に敷くと温かい聞き、実践。

某マット(ト○ルー○リーパー)の上にアクリル毛布、
その上に防水シーツ、そして、シーツを敷いてみたら、
とても温かいみたいです。

でも、エアコンで、室内は二十四時間快適温度で
ほぼ温室状態で過ごす父ですから、
それが確かなのかどうか。

だから、少しでも、部屋から出ようものなら
寒いと言って、母の月命日ぐらいしか仏間へも
行きません。

自分はなんで暖をとっているかというと、
自分の部屋にコタツがあるだけ。
他は、暖房がないのでもの凄く寒いです。

だけど、ここは、雪国。
豪雪で、いきなり停電となったら大変なので、
ストープ三台は、置いてありますよ。
でも、自分は、使いません。
灯油が勿体ないですから。

来月、雪が降る前にまとめて灯油を配達して
貰う予定です。
春までの四ヶ月分、諭吉さんを最低四人は
かかるでしょうね。

綿毛布は、汗をかいても吸ってくれますし、
汚れたら洗濯機で洗えるので、便利です。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント