泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 可愛げがなくて結構
2015-11-30 (Mon) 08:07

可愛げがなくて結構

なんでもひとりでこなして、出来るのは当たり前。
だって、この先もひとりなんですから。

父が珍しく、あれはやったか、これをしたか、
誰それさんに連絡したか、自治会の事は…とか
いっぺんに聞いて来たから、
「すべてやってあるし、先方にも連絡済み、
 自治会についても同じ、滞りなく終わり。
 ついでに年末の事も既に段取りしてあるから」
淡々と業務連絡。

そしたら、父が一言。

「なんでも出来るのは可愛げがない」

可愛げがなくて結構。
海外で過ごそうとしていた自分にとっては、
もともと誰にも頼らないで過ごして行こうと
思っていたわけで…
父の用事なんてたかだかしれているし、
まして、自治会なんて、近所の集まり程度だとしか
思ってないし…誰にでも出来るのは当たり前。

それとも「出来ていな~い、出来ない~」と可愛く
言えば良かったのかしら?
そう言ったら言ったで、
「なんで出来ないんだ」とか絶対に言うのに
決まってます。

今のうちに、ひとりでなんでも出来るように
なっておけばですね、後々、困らないわけで、
誰かに頼るのは楽かもしれないけど、
自分は、これからもひとりなわけでなんでもやるし、
出来ないと思った事にも挑みますわよ。

だけど、娘が何でも出来て、こなして、
何も心配がいらないとなったら、普通、ほっとしません?
なのに、可愛げがないって…。

可愛げだけで誰かがなんでも自分の代わりに
してくれるなら、可愛くもしますけど?

でも、そんな自分、絶対に考えられないし、
考えたくもない、だから、可愛げなんて要りません。
タフでいないと、この先、やっていけないですから。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント