泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 独り身の保守
2015-12-20 (Sun) 14:55

独り身の保守

ひとり介護が終わったなら、今後の人生、
万全の方は、どれだけいらっしゃるのかな。
親御さんに保険がたんまりかけてられるなら
別ですけど。

自分は、前々からお話しているとおり、
今の生活をしていくのでせいいっぱい、
蓄えもありませんから、自分の事も
そろそろ考えなくてはなりません。
現実は、とっても厳しいですし…。

自分は、ずっと布地相手にしてきましたが、
今は、まったく違うことを考えてます。

それは、大地と過ごしたいと思っているのです。
思って居る程、もちろん甘くはないですけれど、
あちらこちらで、空家はあるわ、
田畑が放置されているのを見て、
農業をしてみたいと思ったのです。

さらに甘い話ですが、自分と同じような立場の
方々とシェアして集まり、会社を作りたいと。
だって、それぞれに「向き不向き」が
あるわけですから。

経理が得意とか、営業をしていたとか、
さらに「御惣菜」が得意とか、いつも
道の駅で野菜を買っていて、何度も思いました。

今、四十代で貧困とかのニュースをよく
見聞きして、自分だけではないんだなと。
介護が終わった頃、年金が受けられると
いいのですけど、40代だと宙ぶらりんですから。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント