泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 真っ青な空
2016-01-31 (Sun) 13:26

真っ青な空

一ヶ月以上に見るの真っ青な空に感激。
雪国なので、雪と積雪は相変わらずですが、
晴れ渡った空と一面白銀の世界は、眩しすぎる程。

こういう時に「雪かき」したら大変です。
何がって…、雪が反射板みたいになって「日焼け」
もう乾燥と日焼けでダブルパンチ。
なので、雪かきは、早朝と晩にしています。

ずっと青い空を見てなかったので、スコーンと
晴れると嬉しい限り。
雪国の空って、灰色が多いか、雪が降っていたら、
真っ白の世界ですから。

今日は、縁側で窓ごしに座って日向ぼっこ。
こういう晴れの日は、今度いつくるかわからないので、
太陽の陽を浴びて過ごしたいものです。

何もしていないのも勿体ないので、ひたすら
ポータプルDVDで「華流ドラマ」を見ていました。
《古典系、三国志・水滸伝・王昭君・則天武后など)
自分にとって、中国語を勉強するにはいい教科書に
なるのと、自分は、以前から古典系の中華衣装が
たまらなく好きで、そっちに目が言ってしまいます。
女性の艶やかな衣装を見るたび、布地の模様の
素晴らしさと精細さ、女性を引き立たせるような
デザインがいいのです。

いいなと思った衣装は、頭の中で、型紙が浮かび、
どう作るか展開はできるのですけれど、
作ったとしても、現代では着られないので想像だけ。
それだけでも楽しいものです。

雪が消えて暖かくなったら、着物の「古着屋さん」へ
お買いものへ行こうと考えています。
古着と言っても高価なものも多いので買えませんが、
「訳あり」の中から、気に入ったものをチョイス
してこようかと、素敵な模様があるといいのですけれど。

今年は、とにかく「感覚」を取り戻すことからと
いうことで、無理なく、好きなものを好きに作ろうと、
完璧じゃなくていい、出来ることから始めようと思ってます。

ちなみに、自分の横には、トルソーも日向ぼっこ中。
長い間、布地がかけられっぱなしで、陽にも当てて
なかったですから。

今日で1月もおしまい。
家計簿もついでに1月分の経費も纏めたら、また新記録。

1月の生活費 65,589円での生活でした。

食費が抑えられたのと一切「無駄」な出費もなかったこと。
自分でもびっくりです。

残金は、ちょこっと「虎の子」にしちゃう予定です。
だけど、纏まった頃には、また自分の事ではないことで
出て行くことになりそうですけれど。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント