泣いても笑っても

Top Page › 日常生活 › 狂った体内時計
2016-02-14 (Sun) 23:27

狂った体内時計

やはり朝日を浴びないと、身体には良くないようです。

近頃の父は、夕食を済ませたら、午後六時に
寝てしまうような体内時計になっているらしく、
夜中に必ずと言って目を覚まして、テレビの音が
聞こえてくる有様で、呼び出し音が鳴り、
自分は、丁度眠った頃で無理やり起こされる始末。

しまいに、「腹減った」とか言い出すし、
夜食なんて身体に悪いでしょーっと言っても、
まったくと聞く耳もたず…。

朝は朝で朝食が済んだら、また十時近くまで寝るので、
完全に体内時計が狂っているわけです。

父の部屋のカーテンは、完全に遮光が出来て、
暗くなるほど、夜明けもわからないくらい。

それで、少しづつ父の体内時計を戻そうと
外が明るくなり始めたら、カーテンを開けて
室内を明るくしています。

夜は、やはりぐっすりと眠ってもらわないと、
こっちまで体内時計が狂ってしまい、
何から何までひとりでこなしている自分にとって、
ぼーっとするわけにはいかないのですから。

もう、そろそろ父が起きそうです。
深夜から朝までのテレビ音は、勘弁して…。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント