泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › 月末恒例チェック
2016-02-26 (Fri) 07:37

月末恒例チェック

月末に一度、冷凍庫の食品の賞味期限、
食材の状態の確認。
とくに切れているものもなく、近いものも
なかったので、今月は、補充しなくても
良さそうです。

ただ、自分が作ったひき肉団子が少し足りない
感じがするので、ひき肉がお安い時に纏め買いして、
団子作りをしようと考えています。

あと確認しなければならないのが、食品の「冷凍焼け」
余った食材、下ごしらえ食品、生のお肉、魚介類など…。
冷凍焼けというのは、食品から「水分」が抜けて、
干からびてしまった状態のものです。

すぐに使えば、特に気にならないのですが、
使うタイミングを失って長期に渡って「冷凍庫の主」に
なって食材が冷凍焼けを起こしたのも多いはず…。
それでは、勿体ないです。

食材を冷凍するのに、買って来た「トレー」のまま
冷凍してはいけません。
ちゃんとジップロップなり使って、なるべく空気を
抜いた状態で保存をして下さい。

市販の冷凍食品を購入する時は、五割、六割の日に
購入して追加。
もちろんアイスクリームもです。
それらの底値を知っているので、普段の価格では、
絶対に購入しません。

今月は、もう食品の買い出しへ出掛けないので、
一ヶ月の食費は、諭吉さんひとりで納まりました。

冷凍食品と上手く付き合えば、体調が悪いとか、
お買い物へ出る気がないなど、いざという時、
助かりますし、食品の無駄もなくなります。

ただ近くにスーパーがあって、毎日でも行けて、
今日のお買い得が購入出来るのなら、必要が
ないかと思ってしまいます。

自分の家から歩いていけるくらい近くに
スーパーがあったなら、もっと食費の節約が出来るのにと
考えてますが、コンビニすらもないという
不便なところなので、約10日に一度程度しか
食品の買い出しする自分にとっては、
冷凍食品は、大助かりです。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント