泣いても笑っても

難病の父を介護しつつ、自治会の区長をやってます。

Top Page › 日常生活 › 上から下へ
2016-03-03 (Thu) 11:29

上から下へ

片付けと断捨離は、まずは上のものから。

二階建ての実家、当初、二階の部屋は
物置部屋状態。

自分の部屋の扉を開けたら目の前にダンボール、
衣装ケースなどで塞がれていて、
一歩も入れない、何が詰まってんだか~と
廊下に出せるだけ出しまくって、
なんとか一番奥に到達したら、天袋、押し入れにも…。

物、物、物、雑誌、本、壊れた電化製品…
引き出物の食器類に、記念品に…ほかにも
わらわらと。

一階で使わないものをわざわざ二階へ
持って行って、部屋に詰め込むのか?
その都度、処分していけば、物が溜まらないのに~。
勿体ないとかいって、断捨離もせず、この有様。

自分は、これらを片付けたり、断捨離する時間の方が
遥かに「勿体ない!」です、どれだけ費やしたことか…。
他の部屋は、まだ断捨離している状態です。

ご高齢になられた御両親様が
二階に物を詰め込んだりしていませんか?
二階から、一階へ物を下ろすというのは、
年を重ねたら出来ませんし、第一、階段で
滑って転んで落ちたら、それこそ…。

いつも思うのです、一階で使わない物を
二階へ持って行って、さらにわざわざ使うって
ことはないかと思います。

以前、テレビ番組で「片付け・断捨離」の
特集していた時、二階に物が溢れ返って
どこから手をつけていいのかわからない、
どうでもいいものが山積み、それらを
全部綺麗にするのに、請求書が40万!!

それだけの資金があったら、美味しいもの、
旅行にと、溜めない思い出が出来るのにと
思ったものです。

自分は、物より「思い出」だけがいいです。
あちこち出かけていって、見たこともない世界を
見たり聞いたり、美味しいものを食べたり…
だけど、残るおみやげは買わない。
だって、帰ってきたら、それ、愛でるなんてこと
しませんし、要らないです。

自分もあと数年で半世紀。
実家も風通しをもっとよくして、自分に何かあっても
片付ける方の手を煩わせないようにしたいものです。

アン


にほんブログ村

にほんブログ村

最終更新日 : 2020-04-18

Comment







非公開コメント